冬の美・十和田奥入瀬氷瀑号-定期観光バスでめぐる冬の東北-

 厳しい寒さが作り出す氷結した滝、氷瀑と陽の光が織りなす神秘的な青い光。白く染まった街並みに浮かぶカラフルな現代アートたち。雪と氷に包まれた銀世界で堪能する極上の露天風呂。JRバス東北で行く冬の「美」を堪能する旅へ、さあでかけましょう!。

現代アートを身近に体感 ~十和田市現代美術館~

 街全体を一つの美術館に見立てる「Arts Towada」計画の中心として開館した「十和田市現代美術館」。館内だけでなく隣接する広場にも作品を設け、草間彌生さんや奈良美智さんら世界的なアーティストの作品を展示しています。エントランスには、四季折々に十和田市を彩る花をイメージしたフラワー・ホース、カフェスペースのフロアは南部裂織から着想を得たという作品が散りばめられ、空間そのものがアートとして完成しています。

■特典 美術館併設のカフェ「cube cafe&shop」にて食事またはスイーツメニュー注文でドリンク(ホットコーヒー・紅茶・緑茶)1杯サービス


絶品ご当地グルメを堪能 ~十和田市内自由散策~

 自由散策時には観光マップを配布。地図を片手に食事や街歩きを満喫してください。ご当地グルメ「十和田バラ焼き」は昭和30年ごろから親しまれてきた庶民の味。たっぷりのタマネギと牛バラ肉を鉄板で焼き、仕上げは甘辛いしょうゆベースのタレで。市内約50店で提供され、それぞれに個性が。白いご飯はもちろん、お酒のおつまみとしても最高です!

 十和田市観光物産センターは、観光情報や特産品の販売まで街の魅力を発信しているスポットです。ぜひ訪れたい、おすすめ観光地の紹介やパンフレットの請求など気軽に問い合わせできます。物産販売コーナーでは、十和田バラ焼き認定の「タレ」が一番の人気商品。ご当地グルメの味を家庭でも楽しめます。お土産選びに迷ったらぜひここをのぞいてみてください。


雪と氷のリゾートで安らぎのひととき ~星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル~

 国内有数の景勝地にたたずむ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。日本初の、氷瀑を温泉につかりながら眺められる冬限定「氷瀑の湯」は、通常日帰り入浴を受け付けていませんが、定期観光バス利用のゲスト限定で日帰り入浴をご利用いただけます。目の前に広がる迫力ある氷瀑とともに、八甲田山からわき出る豊かな温泉をお楽しみください。
 ホテルには日本を代表する芸術家・岡本太郎が、奥入瀬渓流の雄大な自然にヒントを得て制作したと言われる巨大アートが設えられております。ぜいたくで非日常の空間を、時間が許す限りお楽しみください。

■特典 定期観光バス利用者のみ「氷瀑の湯」日帰り入浴開放 大人(中学生以上)1,650円、小人(小学生)1,100円(ともに税込み)


 

神秘的なブルーの世界へ ~奥入瀬渓流~

 厳しい寒さで滝が凍る「氷瀑」や、岩肌からしみ出るわき水が凍って現れる「氷柱」は、冬にしか出合うことができない絶景。冷え込みが深まるごとに大きく成長し、晴れた日には太陽光が差し込むことで神秘的なブルーに輝きます。
 なかでも「馬門岩」のスケールは奥入瀬渓流でもトップクラス。その流れの激しさが由来となっている「阿修羅の流れ」では、岩石の上の降り積もった雪がまるで綿帽子のように点在。新雪の上に野生動物が残した愛らしい足跡が見つかることもあります。


 お電話・インターネットからのご予約はご乗車の1か月前より承っております。

インターネットでのご予約

 ■発車オーライネット https://secure.j-bus.co.jp/hon

お電話でのご予約(電話予約可能時間 8:30~18:30)

 ■仙台駅東口バス案内所 022-256-6646

 ※当日空席がある場合は直接乗務員にご利用代金をお支払いいただきご利用になれます

新幹線のご予約

 ■えきねっと https://www.eki-net.com/

バス運行カレンダー(黄色の部分が運行する日です)

バスのりば

※バス乗車場所には出発の5分前までに集合。出発時刻にはバスが発車しますので、乗り遅れにご注意ください。交通状況により駅への到着が遅れる場合がございます。帰りの列車については余裕を持った時間設定をお願いします。道路、天候の状況によりコースや予定、見学時間などを変更する場合があります。昼食代、入浴料は各自の負担となります。