投稿規定

日報キャビネコンテスト

 7月の日報キャビネコンテストは自由課題です。5~7月に撮影した写真をお送りください。締め切りは7月15日(当日消印有効)です。

 ▽大きさ キャビネ判(2L判でも可)の白黒かカラープリントで、スマートフォンで撮影した作品は不可。裏にタイトル、撮影データ、住所、氏名、年齢、電話番号、所属クラブ、撮影の年月日、場所、できるだけ詳しい狙いを必ず書いてください。撮影場所は県内に限り、未発表の作品とします。被写体に許可が必要な場合は必ず同意を得るとともに、その可否を記載してください。可否が不明な場合は選外となる場合もあります。コンピューターでの画像加工は趣味の暗室作業で可能なレベルにとどめてください。過度な場合は選外とします。

 ▽賞 1席に1万円、2、3席に5千円、4、5席に3千円を贈ります。毎月の賞とは別に年間賞を10位まで決め、株式会社ニコンイメージングジャパンから記念品を贈呈します。岩手日報社からも1位と年間最優秀作品に記念品を贈るほか、年間賞入賞者以外で1年間欠かさず応募し、作品数が合計60点に達した人に努力賞を贈ります。

 ▽8月の課題は「夏彩々」です。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 報道部 「キャビネコンテスト」係

日報キャビネコンテスト新年号作品募集

 2021年の第64回日報正月読者写真コンテストの課題は「願い」です。

 21年は東日本大震災から10年の節目となります。ふるさとが消えたあの日、はるか遠い幻のように思えた復興の日が来ます。

 しかし、どんなにまちが立派になっても、被災したり、かけがえのない人を亡くした方々の心や生活の復興は人それぞれです。

 喪失と再生は必ずしも一体ではありません。ですが県民の心には、いつか皆が救われることを願い、寄り添い、励まし続ける温かさがあります。その温度を、写真で表現してください。

 応募条件は未発表の作品(カラー、白黒)で、20年に県内で撮影した作品に限ります。カメラの種類は問いませんが、スマートフォンやタブレット端末は認めません。被写体には必ず同意を得てください。

 ▽大きさ 六つ切り(ワイド可)で裏にタイトル、撮影データ、住所、氏名、年齢、電話番号、撮影年月日、場所、被写体の同意の有無、できるだけ詳しい狙いを記してください。

 ▽締め切り 11月30日(必着)

 ◇賞 ▽特選1点 正賞金メダル、副賞5万円▽入選3点 正賞銀メダル、副賞2万円▽佳作5点 正賞銅メダル、副賞1万円

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 編集局報道部 正月読者写真コンテスト係

高校生フォトコンテスト

 岩手日報社は8月、県内の高校生を対象とした第33回高校生フォトコンテストを実施します。テーマは宮沢賢治の詩「春と修羅」の序「わたくしといふ現象は/仮定された有機交流電燈の/ひとつの青い照明です/(あらゆる透明な幽霊の複合体)」です。夭折(ようせつ)した賢治の人生を考え、写真表現を試みましょう。5月下旬~8月に撮影した写真が対象で、締め切りは8月25日(当日消印有効)です。入選作品は9月上旬の紙面で発表します。感性豊かな作品をお待ちしています。

 コンテストは2、5、8、11月の年4回実施します。応募作品は岩手日報社で審査し、入選作品(1~5席)を選考します。

【応募規定】▽デジタル、銀塩ともに可。スマートフォンでの撮影も可▽サイズは2L判(白黒またはカラープリント)▽応募票を岩手日報社のホームページからダウンロードし、必要事項を記入して天地が分かるように写真の下に貼ってください▽デジタル写真の場合、プリントと共に一切加工していない画像データを記録したCDまたはDVDを送付してください。岩手日報社報道部写真班(syasinbu@iwate-np.co.jp)に電子メールで送って頂いても結構です▽他のコンテストなどへの二重投稿は不可▽画像ソフトによる加工作品、動画から切り取った作品は不可▽被写体に許可が必要な場合は同意を得てください。

主催 岩手日報社
後援 岩手県高等学校文化連盟

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 報道部 「高校生フォトコンテスト」係

スポーツひろば

 「スポーツひろば」は、皆さんの投稿をもとに、各種スポーツ大会、交流試合など幅広い範囲の大会の成績を掲載します。

「スポーツひろば」欄の記事スタイルを参考に電子メール、ファクス、郵送で受け付けます。陸上など順位のつく競技は13字、球技や格闘技など勝敗を決する競技は、勝者を上に得点や決まり手を1行15字で書いてください。写真も受け付けます。記録問い合わせのため、責任者の連絡先もしくは携帯電話などを明記してください。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 運動部 「スポーツひろば」係
電子メール sports@iwate-np.co.jp
ファクス 019-626-1977 か 019-623-1323
問い合わせ 電話 019-622-1690

笑顔集まれ

 読者の皆さんから、仲間と一緒の趣味の集いや同級会などを紹介する写真と原稿を募集します。
・写真は、横位置の集合写真(参加者から紙面掲載の同意を得てください。応募写真は返却しません)
・原稿は①会の名称②撮影年月日③撮影場所(市町村名と施設名など)④会の目的や結成年(同級会などは卒業年)⑤集いの様子など一言(80字以内)をお書きください。
・添削することがあります。
・掲載日の都合でモノクロになることがあります。
・別紙に応募者氏名、住所、年齢、電話番号を明記。
・電子メールでも受け付けます。
・採用・不採用、掲載日の問い合わせには応じかねます。
投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「笑顔集まれ」係
電子メール egao@iwate-np.co.jp

げんき

 子どもたちの元気いっぱいな表情を捉えた写真をお待ちします。
震災後、沿岸から内陸に移り住んだ人も少なくありません。離れ離れになった家族、親類、知人、友人へ、写真を通じて子どもたちの近況を伝えてみませんか。 応募規定は▽5歳まで、縦写真▽住所、応募者氏名、続き柄(長男など)、電話番号、子どもの名前(ふりがな)と年齢を明記▽写真は返却しません
投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 報道部「げんき」係
電子メール genki.photo@iwate-np.co.jp

・原稿は450字以内。
・住所、氏名、職業(「元職」を入れることがあります)、年齢、電話番号を明記。
・添削することがあります。
・二重投稿や匿名・ペンネームでの投稿、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・電子メール、ファクスでも受け付けます。
・応募原稿は返却しません。
・採用分に薄謝を差し上げます。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 編集局 「声」係
電子メール koe-rondan@iwate-np.co.jp
ファクス 019-653-8206
投稿フォーム
※投稿フォームから登録できない場合は、電子メールで送信をお願いします。

日報論壇

・原稿は1000字以内。
・住所、氏名、職業(「元職」を入れることがあります)、年齢、電話番号を明記。
・添削することがあります。
・二重投稿や匿名・ペンネームでの投稿、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・電子メール、ファクスでも受け付けます。
・応募原稿は返却しません。
・採用分に薄謝を差し上げます。
投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 編集局 「論壇」係
電子メール koe-rondan@iwate-np.co.jp
ファクス 019-653-8206
投稿フォーム
※投稿フォームから登録できない場合は、電子メールで送信をお願いします。

ばん茶せん茶

・原稿の長さは400字詰め原稿用紙2枚(800字)。縦書き(パソコンも可)。
・住所、氏名、職業、年齢、電話番号を明記。
・添削をすることがあります。
・電子メールでも受け付けます。
・応募原稿は返却しません。
・二重投稿や匿名・ペンネームでの投稿、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・掲載原稿の版権は岩手日報社に帰属します。
・ホームページやデータベースにも収録、公開する場合があります。
・採用者全員に記念品を差し上げます。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「ばん茶せん茶」係
電子メール bancha@iwate-np.co.jp

日報文芸(詩・俳句・短歌・川柳)

・詩は400字詰め原稿用紙2枚以内。
・俳句、短歌、川柳は、はがきに3句(首)以内。
・住所、氏名(ペンネームの場合は本名も)、電話番号を明記。
・二重投稿、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・掲載原稿の版権は岩手日報社に帰属します。
・ホームページやデータベースにも収録、公開する場合があります。
・上位3作品に記念品を差し上げます。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「日報文芸」係
※詩を除く日報文芸は、はがきでの応募に限ります。

花時計

・応募は女性に限ります。
・原稿用紙を使うこと(便箋は不可。電子メール投稿はそのままで可)
・文章は題名を付け、500~550字で。原稿は返却しません。題名を含めて添削することがあります。
・応募者の郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記すること。
・掲載原稿の版権は岩手日報社に帰属し、データベースやホームページに収録、公開する場合があります。
・他紙などへの二重投稿、匿名・ペンネーム、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・花時計掲載者には記念品を贈ります。

投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「花時計」係
電子メール hanadokei@iwate-np.co.jp

時事川柳

・はがきに3句以内
・住所、氏名(ペンネームの場合は本名も)、電話番号を明記。
・ファクスでも受け付けます。
・二重投稿、採否の問い合わせはご遠慮ください。
・掲載原稿の版権は岩手日報社に帰属します。
・ホームページやデータベースにも収録、公開する場合があります。
投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「時事川柳」係
ファクス 019-654-1540
投稿フォーム

私の絵手紙

・作品ははがきで。絵に添える文の誤字脱字にご注意ください。作品は返却しません。
・宛名面に住所、氏名、年齢、電話番号を明記すること。
・都合によりモノクロになる場合があります。
投稿先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 「私の絵手紙」係

イベント情報

金曜日の「イベント情報」に掲載します。

・掲載は無料です。
・開催3週間前までにお寄せください。案内状やチラシの写真を使わせていただく場合があります。
・イベント名は省略する場合があります。
・初日、最終日など、会期中の開始、終了時間が違う場合は備考欄にご記載ください。
・担当者連絡先は、午前9時から午後5時の間につながる電話番号をご記入願います。
・連絡がとれない場合、掲載を見送ることがあります。
・申し込み後にイベント中止や定員が満たされるなど、掲載の必要がなくなった場合は電話でご連絡ください。
・掲載日に関するご要望、お問い合わせはご遠慮願います。

送り先
〒020-8622 盛岡市内丸3の7
岩手日報社 報道部「イベント情報」係
ファクス 019-623-1323