いわて桜だより



高松池
(盛岡)



 盛岡市の高松池の桜が満開となり、花見客が大勢訪れている。日露戦争勝利を記念し、池の外周(約2キロ)などに植えたソメイヨシノやオオヤマザクラなど約1260本が咲き誇る。岩手山と共演する昼も人気だが、ぼんぼりや街灯に照らされ暗闇に浮かぶ夜桜も風情がある。花は今週末まで楽しめそうだ。


4月24日現在

塩釜神社(塩釜)

満開

大島(気仙沼)

満開

厳美渓(一関)

落花盛ん

展勝地・桜並木(北上)

満開

展勝地・陣ケ丘(北上)

満開

福泉寺(遠野)

満開

花巻温泉(花巻)

満開

花巻南温泉峡(花巻)

満開

鳥谷ケ崎公園(花巻)

散り始め

城山公園(紫波)

散り始め

岩手公園(盛岡)

満開

高松池(盛岡)

満開

小岩井農場(雫石)

咲き始め

巽山公園(久慈)

散り始め

九戸城跡(二戸)

満開

横手公園(横手)

満開

桧木内川堤(角館)

五分咲き

城山公園(三戸)

散り始め

三八城公園(八戸)

散り始め

弘前公園(弘前)

満開

※県外はJR東日本調べ、基準木
※鳥の食害などのため開花状況が一部異なる場合があります。



岩手公園
(盛岡・内丸)



 盛岡市内丸の岩手公園の桜が満開を迎えた。日本100名城にも選ばれた美しい石垣の周囲に、ソメイヨシノやエドヒガンなど約200本が咲き誇る。約240年にわたり盛岡南部家の居城だったが、1874年に城内の建物が取り壊され、1906年に公園として整備された。5月5日まで「さくらまつり」が開かれ、夜にはライトアップされる。見頃は今週いっぱい続きそうだ。




桜づつみ公園
(金ケ崎・西根)



 金ケ崎町西根の桜づつみ公園の桜が見頃を迎えた。ソメイヨシノやオオヤマザクラなど約150本が約900メートルの遊歩道脇に立ち、家族連れが散歩をしながら花をめでている。同公園は町内を流れる宿内(しゅくない)川沿いにあり、町によると、河川改修工事に合わせて1994年に県が整備した。町観光協会は25日ごろまで見頃が続くと予想している。




厳美渓
(一関・厳美町)



 栗駒山を源に流れる磐井川が巨岩を浸食して形成された一関市厳美町の景勝地厳美渓。約2キロにわたって川の両岸にソメイヨシノやエドヒガンザクラなど約200本が咲き誇っている。特にもエドヒガンザクラは、伊達政宗が命じて植えられたといわれ、政宗が「貞山桜(ていざんざくら)」と命名したとされている。奇岩とエメラルドグリーンの水流、桜の共演が多くの観光客の目を楽しませている。




巽山公園
(久慈市中町)



 久慈市中町の巽山公園はソメイヨシノを中心に約120本の桜が満開となり、花見客が訪れている。例年より1週間ほど早く、見頃は残り数日間とみられる。桜は毎日午後6時からライトアップされ幻想的な雰囲気に包まれる。同公園は1971年に開園。多くの桜は開園当時に植樹したとされる。市街地や久慈湾が望めるほか、遊具があり親子連れの人気スポットとなっている。




県道三日町瀬原線沿い
(平泉)



 平泉町のJR平泉駅と世界遺産である中尊寺を結ぶ県道三日町瀬原線(旧国道4号)沿いの1・5キロ区間に植えられた82本のソメイヨシノが見頃を迎えている。桜は1931年に旧国道4号の開通記念として植樹された。満開時には「桜のトンネル」として県内外から訪れる観光客を楽しませ、沿道は写真撮影をする人であふれる。町観光協会によると、見頃は25日ごろまで。




満蔵寺
(住田町世田米)



 住田町世田米(せたまい)の満蔵(まんぞう)寺(佐藤浩昭住職)の境内にはソメイヨシノやヤマザクラ十数本が立つ。本堂前には1864年に建てられた気仙地域随一といわれる山門があり、気仙大工の技術を用いた荘厳な山門と美しい桜を写真に収めようと多くの人が訪れる。
 隣接地には仮設住宅本町団地があり、東日本大震災で被災した住民らの憩いの場にもなっている。既に見頃を迎えている。




城山公園
(大槌・小鎚)



 大槌町小鎚の城山公園一帯はソメイヨシノ、オオヤマザクラを中心に100本以上の木が並び、満開を迎えた。町制施行120周年を祝い2009年に植樹された若木も花を咲かせている。城山の山頂は標高約140メートル。大槌湾を見下ろし、桜を眺めながら復興が進む町並みも一望できる。町教委によると、平年は20日すぎからが見頃だが、今年は数日早いという。




長沢川桜づつみ
(宮古・田鎖)



 宮古市田鎖の長沢川桜づつみの桜が見頃を迎えた。同川の右岸に1995年に整備され、約1キロにわたる遊歩道にはソメイヨシノやオオヤマザクラ、ヤエザクラなど約300本が並ぶ。サツキやドウダンツツジも植えられ、春から夏にかけて美しい花々が咲く。あずまやもあり、市民らの憩いの場となっている。
 市きれいなまち推進室によると、見頃は22日ごろまで。




水沢公園
(奥州・水沢中上野町)



 奥州市水沢中上野町の水沢公園はソメイヨシノ、ヒガンザクラなど約450本の桜が見頃を迎えている。公園は岐阜県出身の放浪絵師蓑虫山人(みのむしさんじん)が設計したといわれ、1878(明治11)年の開園から140年の節目。ぼんぼりの点灯は30日まで。市観光物産協会によると、見頃は22日ごろまで。




碁石海岸
(大船渡・末崎町)



 大船渡市末崎町の碁石海岸レストハウスから穴通磯(あなとおしいそ)までの碁石海岸の遊歩道では約150本のソメイヨシノが見頃を迎え、市の花であるツバキと「共演」している。数本あるヤエザクラは遅咲き。桜は約50年前に住民が植樹したとされる。碁石海岸インフォメーションセンターによると、見頃は20日ごろまで。5月4、5の両日はレストハウス前の大型車駐車場などで碁石海岸観光まつりが開かれる。


2018桜関連ニュース

 

桜紀行 8新聞社共同企画