いったいなぜ、サケは帰ってこないのだろうか?

この素朴な疑問を出発点に、最新研究を追い、人工ふ化放流事業や産業構造などの課題 を検証しながら、岐路に立つ三陸、日本の水産業を考えたい。

あの震災の大津波は、自然 の厳しさと同時に、豊かさも教えてくれた。

多くの先人たちの努力で築き上げられた本県 の秋サケ漁を未来につなぐためにも、震災被災地である岩手、三陸から、サケを通して、 自然と共に歩む水産業の在り方、そして私たち人間の生き方を問い直したい。

2017/11/16

ご意見、ご感想をお待ちしています
宛先は〒020-8622 盛岡市内丸3の7

メールはsake.kaette@iwate-np.co.jp