ラグビーW杯本番を前に、新設された釜石鵜住居復興スタジアムで行われた日本代表対フィジー戦。約1万3千人のファンが大声援を送った=7月27日
◇    ◇

 ラグビーワールドカップ(W杯)は9月20日の日本対ロシア(東京・味の素スタジアム)で開幕し、釜石市の釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムではフィジー対ウルグアイ(9月25日午後2時15分開始)とナミビア対カナダ(10月13日午後0時15分開始)の1次リーグ2試合が行われる。

 いよいよ始まる20カ国・地域の熱い戦い。東日本大震災からの復興の道を歩む姿と支援への感謝を発信する岩手、釜石に世界中の注目が集まる。

 7月27日には同復興スタジアムで「本番」に向けた試金石となる日本対フィジーが行われ、両チームが上々の仕上がり具合を披露。運営面でも交通輸送や選手移動、警備、救護態勢などを確認した。

釜石鵜住居復興スタジアム

所在地: 〒026-0301 釜石市鵜住居町第18地割5−1
アクセス: 三陸鉄道鵜住居駅
収容人数:約1万6千人 ※仮設込み
竣工:2018年8月

スタジアム360度動画

※パソコン、スマートフォン、タブレットの環境、ブラウザーのバージョンにより視聴できない場合があります。

スタジアム空撮

※パソコン、スマートフォン、タブレットの環境、ブラウザーのバージョンにより視聴できない場合があります。


釜石での試合日程

9月25日午後2時15分 フィジー - ウルグアイ
10月13日午後12時15分 ナミビア - カナダ

釜石で試合が行われる国の紹介
◇フィジー(世界ランキング10位)

 抜群のスピードを生かしたラインプレー、変幻自在の攻撃が持ち味。

◇ナミビア(世界ランキング23位)

 初勝利を目指す。前回大会はジョージアに1点差の惜敗。

◇ウルグアイ(世界ランキング19位)

 アマチュアの誇りで初の決勝トーナメント進出を目指す。

◇カナダ(世界ランキング21位)

 最終予選を突破し、滑り込み出場。伝統的にフォワードが強い。

釜石鵜住居スタジアムへのアクセス
ラグビーW杯2019 日本大会予選プール組み合わせ
A アイルランド スコットランド 日 本 ロシア サモア
B NZ 南アフリカ イタリア ナミビア カナダ
C イングランド フランス アルゼンチン アメリカ合衆国 トンガ
D オーストラリア ウェールズ ジョージア フィジー ウルグアイ
※予選プールでは、プール内総当たりで各チーム4試合行い、勝点で上位の2チーム「合計8チーム」が決勝トーナメントに進む。

関連記事