「眼の健康に役立つ」寒じめほうれんそう!

~眼の病気と予防に寒じめほうれんそうのパワーを~
講演会&ほうれんそう選手権!

岩手の寒さが生み出す甘みたっぷりの「寒じめほうれんそう」!眼の健康維持に役立つ「ルテイン」が豊富に含まれており、現在「機能性表示食品」の登録申請中です。最近、なんだか見えづらい、眼が疲れやすいなど、眼の健康が気になりだした方、または「寒じめほうれんそう」の事をもっと良く知りたいという方にもぜひ。医師による講演や、各地の寒締めほうれんそうを実際に試食しながら効能や味わい方を楽しく学べる「食から健康セミナー」です

日時 : 1月20日(日)13:30~16:30 受付:13:00~
場所 : リリオ3階イベントホール(岩手県盛岡市大通1丁目11-8)
参加費: 無料
定員 : 150名(なるべく事前予約をお願いいたします)
締切 : 1月15日(火)
申込み: メールにてinfo@iwate-minceur.com 名前、住所、電話番号、参加人数を記入の上お申し込みください
※内容は予告なく変更になる可能性があります。詳細はホームページ(www.iwate-minceur.com)でご確認ください。イベントのお知らせはこちら(PDF)

第1部 講演会
「40歳過ぎてからの眼の病気と予防」
講師:原岳(はら たけし)先生(原眼科病院院長/自治医科大学眼科非常勤講師)
平成元年岩手医科大学卒業、東大眼科医局長、大宮赤十字病院眼科副部長、自治医科大学眼科講師を経て4代、100年の原眼科病院を継承し、現在に至る。大学時代は水泳部とアイスホッケー部、現在は講演や学会活動にかこつけて日本、世界各地を旅するのが癒しの源

第2部 寒じめほうれんそう選手権2019
1)各地の寒じめほうれんそうの試食・投票(今季No.1決定)
2)ミニマルシェ:県内各地で生産される寒じめほうれんそう
(個数限定)や野菜ソムリエが作るお菓子などの加工品販売
3)びすとろ銀河特製寒じめほうれんそう料理試食

【岩手の食材で毎日CUISINE MINCEUR(キュイジーヌマンスール)とは】

医師、栄養士、料理人、生産者、流通関係者~それぞれの領域のプロが集結し、栄養的・機能的に価値ある食材を再評価し、実際の飲食店での美食としてのメニュー提供、毎日、食材として取り入れることの健康的・医学的な意義や料理のスキルを情報発信します。食と健康を通じ、堅実な地方創生を導きます

事務局: 岩手県盛岡市黒石野1-28-7((有)秀吉内)
019-681-1800(担当:渡邉里沙)
info@iwate-minceur.com

この事業は平成30年度農林水産省「機能性農産物等の食による健康都市づくり支援事業」の採択を受けて実施しております