2020.05.16

 花巻市大迫町外川目の宇瀬水(うせみず)牧野管理所そばに咲くベニヤマザクラが見頃を迎えている。

 山々に囲まれた牧野には繁殖用の雌牛約140頭が放牧されている。雄大な自然に、鮮やかなピンクの花をつけた桜がぽつんと立っている。

 桜は牛が日陰で休むために植えられたとされる。天候が良ければ岩手山まで見渡すことができる。

 同管理所の藤原秀司(しゅうじ)場長(52)は「牛は神経質なので、近づかずに遠目から楽しんでほしい」と呼び掛ける。

>>この記事を読む

 

2020.05.10

 県内有数の桜の名所、雫石町・小岩井農場の一本桜(エドヒガン)が咲き誇り、今年も岩手山との共演を果たした。

 鮮やかな青空と一面に広がる緑の牧草の中に薄いピンク色の花が映える。背後には残雪の岩手山。同農場によると、気温が上がった3~5日に満開となり、既に散り始めている。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、観覧スペースと駐車場は10日をめどに閉鎖中。町などは観賞の自粛を呼び掛けている。

>>この記事を読む

 

2020.05.05

 雫石町下久保の雫石川園地では、川沿いに植えられた約150本のソメイヨシノが見頃を迎えている。

 桜並木は約1・5キロにおよび、奥行きのある景色はまるで桜のトンネルのよう。入場は規制されていないが、町は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため観賞自粛を求めている。例年行っている、こいのぼりの掲揚行事は中止した。

 しずくいし観光協会によると、見頃は今月上旬まで。

>>この記事を読む