高校野球×IWATE NIPPO | 岩手日報 IWATE NIPPO


高校野球試合結果

第104回夏の高校野球岩手大会

※準々決勝からイニング速報します。速報のため、公式スコアと異なる場合があります。

花巻市・花巻球場
<第14日>(7月25日)

試合はありません

金ケ崎町・しんきん森山スタジアム
<第14日>(7月25日)

試合はありません

第104回全国高校野球選手権大会

2022.08.11

 第104回全国高校野球選手権大会第7日の12日に、2回戦第1試合(午前8時開始)で対戦する本県代表・一関学院の高橋滋監督と大分代表・明豊の川崎絢平監督が10日、オンライン形式で対談し、チームの仕上がりや勝負のポイントを語った。

 -お互いのチームの印象は。

 川崎 いろいろなタイプの投手がいる。どの投手が登板しても対応できるよう準備をしなければならない。打線は低い打球でつなぐ打撃もできる。総合力の高い穴のないチームだ。

 高橋 九州を代表する強豪校で、強力打線というイメージが強い。1~9番まで切れ目がない。ジグザグに打線を組んでおり、特に左の好打者がそろっている。

 -仕上がり具合は。

 川崎 初戦から日数がたち、大阪での生活や練習に慣れた。やっと落ち着いて試合に臨める。

 高橋 厳しい試合を勝ち、チームの雰囲気は良い。1回戦の疲労もだいぶ取れた。打撃も好調を維持している。


第104回全国高校野球選手権岩手大会

2022.08.06

 【大阪支社】第104回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕し、本県代表の一関学院(12年ぶり7度目)は京都代表の京都国際(2年連続2度目)と1回戦第3試合(午後3時半開始予定)で対戦する。一関学院は、県勢2年連続の初戦突破を目指す。

 一関学院は6試合で10本塁打を放ったパワーと、つなぐ意識を兼ね備えた攻撃力で岩手大会を勝ち抜いた。伝統の堅守も健在で、投手陣は決勝戦の2失点以外は無失点と安定感を見せた。同校として20年ぶりの夏1勝に期待が懸かる。

 京都国際は初出場の前回大会で4強入り。快進撃の原動力となった主戦左腕森下瑠大(3年)が投打の軸。145キロ右腕の平野順大(同)ら投手陣の層が厚い。



第69回春季東北地区高校野球大会

2022.06.11

 第69回春季東北地区高校野球大会第3日は10日、福島市の県営あづま球場で準々決勝2試合が行われ、聖光学院(福島第1)と青森山田(青森第1)が4強に進出した。

 聖光学院は九回に2点を奪い、秋田商(秋田第1)に5-4で逆転サヨナラ勝ちした。青森山田は延長戦の末、4-3のサヨナラで羽黒(山形第1)を振り切った。

 11日は試合がなく、準決勝は12日に同球場で行う。



第69回春季高校野球県大会

2022.05.30

 第69回春季東北地区高校野球県大会最終日は29日、野田村のライジングサンスタジアムで決勝と3位決定戦が行われ、決勝は花巻東が盛岡大付を21-2で下した。花巻東は中止になった2020年を挟み、4大会連続10度目の優勝を果たした。3位決定戦は久慈が6-5で盛岡三に逆転勝ちし、5大会ぶりの東北大会出場を決めた。

 花巻東は四回までに5点をリードし、五回は渡辺陸(3年)の2打席連続本塁打など一挙11点を奪った。19安打21点を挙げて、大勝した。盛岡大付は六回に佐藤洋輔(3年)の三塁打などで2点を返したが、及ばなかった。

 久慈は六回に3-3に追いつき、九回に米田奏翔(2年)の中前2点適時打などで勝ち越した。盛岡三に1点差まで詰め寄られたが、小向陸斗(3年)がピンチを抑え、逃げ切った。



第94回選抜高校野球大会

2022.03.24

 【大阪支社】第94回選抜高校野球大会第5日は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦3試合を行い、本県の花巻東(4年ぶり4度目)は春夏通算13度出場の市和歌山(2年連続8度目)に4-5で惜敗し、県勢3年ぶりの初戦突破はならなかった。

 花巻東の選抜の通算成績は6勝4敗。県勢は15勝23敗。


第74回秋季東北高校野球


第74回秋季高校野球県大会

2021.09.21

 第74回秋季東北地区高校野球県大会最終日は20日、盛岡市の県営球場で決勝と3位決定戦が行われ、決勝は花巻東が久慈東を19-9で下し、4年ぶり10度目の頂点に立った。3位決定戦は盛岡大付が花巻南を8-3で退け、最後の東北切符をつかんだ。

 花巻東は初回に田代旭主将(2年)の中前打で先制。2-3の三回に千葉柚樹(1年)の犠飛で勝ち越すと、五、六回は打者一巡の猛攻で大量点を奪い、試合を決めた。久慈東は二回に川端海輝(2年)の中前打で一時は逆転したが、投手陣が崩れた。

 来春のセンバツ切符を懸けた東北大会(10月7日開幕予定、青森県)に県勢は第1代表の花巻東(6年連続21度目)、第2代表の久慈東(初出場)、第3代表の盛岡大付(4年連続21度目)が出場する。



第103回全国高校野球選手権大会

2021.08.25

 第103回全国高校野球選手権大会の3回戦盛岡大付-近江(滋賀)は、大会第12日の第4試合(25日午後3時半開始)で激突する。盛岡大付の関口清治監督(44)と近江の多賀章仁監督(62)に、理想の試合展開や警戒する選手などを聞いた。

(代表取材)

 -近江の印象は。

 「常に甲子園に出場している好チームだ。20年前、コーチをしていた時に甲子園で敗れている。高校野球界で『横綱』と見られている大阪桐蔭を倒し勢いに乗っている」

 -警戒する選手は。

 「山田陽翔投手(2年)と岩佐直哉投手(3年)のリレーだ。1、2回戦は1人の投手にターゲットを絞れていたが、今回は2人を打ち崩さなけらばならない。ただ、岩手大会では盛岡中央や花巻東の主戦を相手にしてきた。同様の対策をしていきたい」


第103回全国高校野球選手権岩手大会

2021.07.24

 第103回全国高校野球選手権岩手大会最終日は24日、盛岡市三ツ割の県営球場で決勝が行われ、第2シード盛岡大付が9-4で第1シード花巻東を下し、2017年以来11度目の甲子園切符をつかんだ。

 2年ぶりの全国高校野球選手権は8月3日にオンラインで組み合わせが決まり、9日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

盛岡大付、甲子園へ 高校野球岩手大会(7/24)

甲子園へきょう決勝 高校野球岩手大会(7/24)

花巻東と盛岡大付激突 あす決勝、高校野球岩手大会(7/23)

花巻東が決勝進出 高校野球岩手大会(7/22)

盛岡大付-一関学院は降雨ノーゲーム 高校野球岩手大会準決勝(7/21)

ベスト4出そろう 高校野球岩手大会(7/20)

ベスト8出そろう 高校野球岩手大会(7/19)

ベスト8にまず4校 高校野球岩手大会(7/18)

花巻農、同地区対決制す 高校野球岩手大会(7/17)

黒沢尻北が延長十回サヨナラ勝ち 高校野球岩手大会(7/16)

連合チームが夏1勝 高校野球岩手大会(7/15)

盛岡市立、一関工が2回戦へ 高校野球岩手大会(7/14)

一関一、打撃戦制す 高校野球岩手大会(7/13)

花北青雲、盛岡工が2回戦へ 高校野球岩手大会(7/12)

雨で1回戦順延 日程1日ずつ繰り延べ  高校野球岩手大会(7/11)

盛岡三、シード校撃破 高校野球岩手大会(7/10)

10日の全試合、雨天順延 高校野球岩手大会(7/10)

宮古商工、逆転サヨナラ 高校野球岩手大会(7/9)

マスク越し、球児への応援熱く 高校野球、保護者ら拍手送る(7/8)

つかめ、2年ぶりの甲子園切符 高校野球岩手大会が開幕(7/8)

高校野球岩手大会きょう開幕(7/7)

高校野球岩手大会あす開幕(7/6)

61チーム、2年ぶりの夏 高校野球岩手大会組み合わせ決定(6/25)

高校野球岩手大会の組み合わせ決まる(6/24)

きょう夏の高校野球県大会抽選(6/24)

夏の高校野球、有観客開催へ 入場千人めど(6/9)