あれから、10年。
あなたは、どんなことを想い、生きてきましたか。

次の3月11日。それは、10回目の鎮魂の日。
あの震災の日から、10年を迎えようとしています。

どんなに復興が進んだように見えたとしても、
遺族、被災者ひとりひとりの心や暮らしはそれぞれです。

年月を数え、区切ることは意味のないことかもしれません。

しかし、あの日、誰もが感じた「同じ明日が来ることは当たり前ではない」こと。
悲しみを繰り返さず、大切な人の命を守るために、教訓を語り継いでいくこと。
そのために今日できることを、それぞれが再確認する機会にできれば、
それは価値あるものになると思うのです。

犠牲者、遺族、被災者。それぞれ違うひとりひとりとつながり、
寄り添い、支え合い、時に立ち止まりながら歩んできた日々を、
あらためて伝えて、明日へとつないでいく。

そんな想いから「from 3.11 あなたと、生きていく。」というプロジェクトをはじめます。

「from」には、2011年 3月11日から始まり、10年が過ぎても、
この先も未来へずっと続いていく、という思いを込めています。

そして「あなたと、生きていく」の「あなた」とは、
震災でお亡くなりになられた方、
生きているご家族、
この10年の間にお亡くなりになられてしまったご家族、
あるいは震災とは無関係に生きているようでいて、
しかし本当はどこかでつながっているかもしれない、あらゆる方々のことです。

これからも、わたしたちは「ふるさと」と共に生きる新聞社として、
ひとつひとつの想いを丁寧に集めながら「あなた」と一緒に歩みを進めていきます。

岩手日報
2020年11月11日