啄木・賢治のふるさと「岩手日報随筆賞」

時代と心、確かな表現
 岩手日報随筆賞贈呈式 

 岩手日報社主催の第17回啄木・賢治のふるさと「岩手日報随筆賞」贈呈式は16日、盛岡市愛宕下の盛岡グランドホテルで行われた。

 受賞者、来賓ら約30人が出席。東根千万億(あずまね・ちまお)社長・主筆が、最優秀賞に輝いた同市の佐藤淳子さん(62)に正賞のブロンズ像「星の雫」(照井栄さん制作)と賞状、賞金20万円を贈った。

 優秀賞は宮古市の井上葵さん(28)=欠席、金ケ崎町の高橋嬢子さん(61)、盛岡市の切替郁恵さん(33)に賞状と賞金5万円を贈呈。佳作は、宮古市の中村清子さん(72)、紫波町の蛇沢美鈴さん(44)、宮古市の北林紗季さん(22)に賞状と賞金3万円を贈った。

 東根社長は「かけがえのない経験や、心を動かされた出来事を創意あふれる文章で表現した。石川啄木や宮沢賢治から受け継がれてきた岩手の文芸の裾野がさらに広がることを願う」と受賞者をたたえ、達増知事(代読)と選考委員長の詩人城戸朱理さんが祝辞を述べた。

 最優秀賞の佐藤さんは教員時代の思い出と、母を在宅介護する今の思いを基に心の変容をつづった。「世界が重苦しい空気に包まれる中、ジャーナリズムとは違う、文芸の役割がきっとあると信じている。書く機会を与えてもらい感謝する」と喜びを語った。

 今回の応募は97編。社内の予備選考を経て城戸さん、作家平谷美樹さん、絵本作家・エッセイスト澤口たまみさんが審査した。

【写真=第17回啄木・賢治のふるさと「岩手日報随筆賞」を受賞した(前列左から)優秀賞・高橋嬢子さん、最優秀賞・佐藤淳子さん、優秀賞・切替郁恵さん、(後列左から)佳作の蛇沢美鈴さん、中村清子さん、北林紗季さん=16日、盛岡市・盛岡グランドホテル】

(2022.7.16)


第17回岩手日報随筆賞決まる
 

 岩手日報社主催の第17回啄木・賢治のふるさと「岩手日報随筆賞」の入選者が決まりました。

 最優秀賞は、盛岡市南大通、佐藤淳子さん(62)の「例外の日」が選ばれました。優秀賞は、宮古市山口、井上葵さん(28)の「見つめ続ける目」、金ケ崎町西根、高橋嬢子さん(61)の「母とおにぎり」、盛岡市内丸、切替郁恵さん(33)の「香りを、纏って」の3編です。

 佳作は、宮古市藤原、中村清子さん(72)の「祖母と暮らして」、紫波町高水寺、蛇沢美鈴さん(44)の「ちいさな約束」、宮古市黒田町、北林紗季さん(22)の「私の帰る場所」の3編が選ばれました。

 今回の応募は97編。社内の予備選考を経た最終候補18編について選考委員の詩人城戸朱理さん(委員長、神奈川県鎌倉市、盛岡市出身)、作家平谷美樹さん(金ケ崎町)、絵本作家・エッセイスト澤口たまみさん(紫波町)が審査しました。

 贈呈式は16日午前11時から盛岡市愛宕下の盛岡グランドホテルで行います。最優秀賞は正賞のブロンズ像「星の雫」(照井栄さん制作)と賞状、賞金20万円、優秀賞は賞状と賞金5万円、佳作は賞状と賞金3万円がそれぞれ贈られます。

(2022.7.10)


第16回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 佐藤 純子さん(奥州) 「あの夜、日勝峠で」

  優秀賞 佐藤 淳子さん(盛岡) 「六十を過ぎて」
      北林 紗季さん(矢巾) 「ありがとう」
      畠山 政文さん(花巻) 「祈り」

第15回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 高橋 芳江さん(釜石) 「母の裁ちバサミ」

  優秀賞 平山 奈子さん(盛岡) 「思い馳せ」
      北林 紗季さん(矢巾) 「Undefined」
      土屋 恵子さん(二戸) 「やさしい人」

第14回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 遠藤カオルさん(奥州) 「五月のふる里」

  優秀賞 川辺  学さん(北上) 「手紙」
      古川 寛子さん(紫波) 「さんさ踊りの夏が来る」
      本田 香織さん(矢巾) 「もりおか」

第13回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 国崎 萌子さん(盛岡) 「サイダー」

  優秀賞 熊谷千佳子さん(盛岡) 「消灯私邸」
      菅原 弘行さん(花巻) 「母ちゃんのリヤカー」
      圃田 百恵さん(一戸) 「たったひとつの恩返し」

第12回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 石川 啓子さん(奥州) 「父の作品」

  優秀賞 多田 有希さん(盛岡) 「痛みと生きていく」
      熊谷千佳子さん(盛岡) 「魔法のことば」
      山口トヨ子さん(花巻) 「のんべぇたちの攻防」

第11回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 吉田 澄江さん(盛岡) 「ワレモコウ」

  優秀賞 羽柴 香子さん(一関) 「父」
      熊谷 奈南さん(盛岡) 「石割桜」
      松本 幸子さん(金ケ崎) 「ねぎの花のように」

第10回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 高橋 久美さん(花巻) 「四月にツイート」

  優秀賞 高橋 政彦さん(盛岡) 「吸殻エレジー」
      上山 明美さん(田野畑) 「母が残してくれた、一枚の写真」
      武田 穂佳さん(滝沢) 「しるし」

第9回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 小川 クニさん(雫石) 「ゆりかごごっこ」

  優秀賞 佐藤 洋子さん(奥州) 「アゲハチョウ」
      高橋 久美さん(花巻) 「素敵な板挟み」
      山口トヨ子さん(花巻) 「おもかげ」

第8回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 田辺るり子さん(盛岡) 「たいせつな場所」

  優秀賞 稗貫 イサさん(花巻) 「結びの宿」
      太田代 公さん(北上) 「輪の中へ」
      武田 洋子さん(奥州) 「伝える喜び」

第7回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 工藤 玲音さん(盛岡三高) 「春の雨」

  優秀賞 伊藤由紀子さん(盛岡) 「川岸」
      吉田 澄江さん(盛岡) 「雲よ」
      中村キヨ子さん(宮古) 「父の講義」

第6回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 太田 崇さん(久慈) 「父の行程表」

  優秀賞 石川 啓子さん(奥州) 「引き継ぐ」
      大沼 勝雄さん(盛岡) 「津軽山唄」
      稗貫 イサさん(花巻) 「父の匂(にお)い」

第5回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 渡辺 治さん(雫石) 「一本の古クギ」

  優秀賞 鈴木 紀子さん(花巻) 「おやすみ、大好きなお母さん」
      沢内 建志さん(宮古) 「命の誕生」
      平松真紀子さん(釜石) 「熊さんの杉」

第4回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 小野まり子さん(金ケ崎) 「牛飼い、再び」

  優秀賞 神田由美子さん(奥州・水沢) 「花の町にて」
      佐藤 明美さん(盛岡) 「アルバム」
      吉田 真人さん(盛岡) 「ロレッタ」

第3回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 野中 康行さん(盛岡) 「リッチモンドの風」

  優秀賞 井手 厚子さん(盛岡) 「妹」
      上柿 早苗さん(盛岡) 「祈るとき」
      佐藤 勇子さん(金ケ崎) 「母の置土産(おきみやげ)」

第2回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 今野 紀昭さん(奥州・水沢区) 「ひつじ雲」

  優秀賞 野中 康行さん(盛岡) 「山王海」
      白金 英美さん(釜石) 「ミヤコワスレ」
      大木戸浩子さん(盛岡) 「『父の指』」

第1回岩手日報随筆賞

 最優秀賞 三田地信一さん(宮古) 「母を恋(こ)うる歌」

  優秀賞 上田 敏雄さん(一戸) 「よみがえる化石」
      大木戸浩子さん(盛岡) 「遠い嫁ぎ先」
      野中 康行さん(盛岡) 「旅立ち」