岩手日報社のご案内

創 刊 1876年7月
資本金 2億円
代表者 代表取締役社長  東根 千万億
従業員数 323名
事業内容 日刊新聞の印刷、発行、販売等

本社
■住所
 〒020-8622
  盛岡市内丸3-7
 
■ダイヤルイン 共通019(653)
 ▽広告 4118
 ▽事業 4121
 ▽販売 4117
 ▽総務 4116
 
■編集、NIE・読者部
(平日9~17時)
 ▽TEL  019(654)1208
 ▽ファクス 019(653)8206
本社(盛岡市内丸)
制作センター
〒028-3621
紫波郡矢巾町広宮沢4-350
制作センター(矢巾町広宮沢)
東京支社 〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目12-14 大栄会館
TEL:03(3541)4346
大阪支社 〒541-0041
大阪市中央区北浜3-1-12 萬成ビル
TEL:06(6231)4301
仙台支社 〒980-0014
仙台市青葉区本町2丁目10-33 第2日本オフィスビル3階
TEL:022(222)9672
一関支社 〒021-0884
一関市大手町3-40
TEL:0191(23)4124
岩手支局 〒028-4307
岩手郡岩手町五日市12-81-10
TEL:0195(62)3249
花巻支局 〒025-0092
花巻市大通り2丁目1-16
TEL:0198(24)7744
北上支局 〒024-0061
北上市大通り2丁目3-3
TEL:0197(63)4265
奥州支局 〒023-0814
奥州市水沢袋町4-3
TEL:0197(23)3751
一関東支局 〒029-0803
一関市千厩町千厩字町75-2
TEL:0191(53)2131
大船渡支局 〒022-0002
大船渡市大船渡町字赤沢8-10
TEL:0192(27)3070
陸前高田支局 〒029-2205
陸前高田市高田町鳴石48-4
TEL:0192(55)2590
釜石支局 〒026-0034
釜石市中妻町2丁目11-7
TEL:0193(23)5107
遠野支局 〒028-0513
遠野市東穀町1-8
TEL:0198(62)3329
宮古支局 〒027-0061
宮古市西町1丁目5-38
TEL:0193(62)1771
久慈支局 〒028-0061
久慈市中央1丁目26
TEL:0194(53)3030
二戸支局 〒028-6101
二戸市福岡字八幡下18-8
TEL:0195(23)8080
八幡平支局 〒028-7405
八幡平市平舘26-145-1D
TEL:0195(78)8100
1876(明治9)年
7月21日
盛岡市呉服町の活版業、川越勘兵衛の「日進社」から岩手県で初めての新聞として「巖手新聞誌」が発行された。
1897(明治30)年
3月2日
経営者の交代などを経て、この日「巖手日報」が生まれる。
1923(大正12)年
9月18日
初めて夕刊を発行。
1938(昭和13)年
6月29日
新岩手社を創立。
1944(昭和19)年
3月6日
用紙不足のため夕刊を休止。
(昭和27年6月29日に復刊)
1944(昭和19)年
4月21日
本県での新聞が新岩手日報のみとなる。
1948(昭和23)年
11月3日
第1回岩手日報文化賞・体育賞を贈呈。
1961(昭和36)年
3月31日
岩手日報社と同居の旧県物産館から出火、社屋を全焼。
全社員の努力で一日も休まず新聞発行が続けられた。
1962(昭和37)年
10月15日
現在地に新社屋が完成。
1969(昭和44)年
12月9日
社屋を地上5階建てに増築。
1976(昭和51)年
7月21日
創刊100周年記念祝賀会がホテルロイヤル盛岡で開かれる。
1981(昭和56)年
9月7日
3ヶ年計画で進めてきた写植化が完成。
コンピュータによる組版写植化は製作現場から鉛を追放。
1988(昭和63)年
7月4日
オフセットカラー輪転機を導入。
1990(平成2)年
10月16日
日本新聞協会賞・編集部門で企画部門「いわて農業 市場開放に挑む」が受賞。
1991(平成3)年
6月18日
新聞製作の主要部分をオンライン処理する電算編集システム、愛称「銀河」が稼働。コンピュータによる新聞製作が本格化。
1994(平成6)年
12月9日
盛岡市みたけに建設を進めていたタワー式キーレス輪転機8台を設置する制作センターが完成。平成7年新年号の印刷から稼働した。
1997(平成9)年
7月21日
ホームページを開設。
2006(平成18)年
7月21日
創刊130周年記念日。
2007(平成19)年
10月19日
日本新聞協会の第27回新聞広告賞・新聞社企画部門で「あなたが作るミステリー パ・ズ・ル」が受賞。
2010(平成22)年
7月1日
夕刊を統合した新朝刊を発行。
2011(平成23)年
3月11日
東日本大震災・大津波(M9.0、盛岡市=震度5強)で全県のライフラインが寸断の中、東奥日報社の協力で特別紙面の朝刊を2日間発行し読者・県民に届ける。
2011(平成23)年
4月7日
東日本大震災の最大余震時(M7.1、盛岡市=震度5強)にも秋田魁新報社の協力で特別紙面の朝刊を翌日に発行。
2011(平成23)年
6月21日
フランスの「カンヌライオンズ 国際クリエイティブティ・フェスティバル」で6月21日、本社と博報堂DYメディアパートナーズが共同運営する個人向け記念号外発行サービス「IWATTE(イワッテ)」がメディア部門金賞を受賞。
2011(平成23)年
10月18日
日本新聞協会賞・編集部門で写真・映像部門「平成三陸大津波 記者の証言」、企画部門「東日本大震災一連の報道~31世紀への証言~」が同時受賞。
2011(平成23)年
10月20日
日本新聞協会の第31回新聞広告賞・新聞社企画部門本賞で「いわてのテとテ」が受賞。
2012(平成24)年
3月11日
東日本大震災から1年に合わせ、本県への復興支援に感謝を込め、東京都内と名古屋市内で特別号外を配布。
2012(平成24)年
10月19日
日本新聞協会の第32回新聞広告賞新聞社企画部門で、本社と河北新報社、福島民報社、福島民友新聞社の「3・11東日本大震災3県4紙合同プロジェクト」が受賞。
2016(平成28)年
4月15日
矢巾町広宮沢に最新鋭輪転機2セットを備える新たな制作センターが完成。最大40ページ中24ページのカラー印刷が可能に。
2016(平成28)年
6月1日
創刊140周年並びに制作センター完成祝賀会を盛岡市内のホテルで開催。
2016(平成28)年
10月18日
本紙「命の軌跡~東日本大震災5年 一連の報道」が日本新聞協会の2016年度新聞協会賞編集部門・企画部門を受賞。
2017(平成29)年
7月3日
同年3月11日に本紙掲載の広告企画「最後だとわかっていたなら」が新聞広告の最高賞「新聞広告電通賞」を受賞。同企画は10月20日、日本新聞協会の新聞広告賞・新聞社企画部門新聞広告賞も受賞。