岩手県警察×NIPPO 特殊詐欺被害ゼロ運動

北上市内で特殊詐欺被害発生

発生日時 2020年3月19日
発生場所 北上市内

 

-内容-

 被害者宅に北上署員を名乗る男から19日午後「詐欺グループを捕まえたところ、その者たちがリストを持っていた」という内容の電話があった。さらに警視庁特殊詐欺対策センターを名乗る男が「キャッシュカードが偽造されたため、不正使用されないように凍結する必要がある」「再発行の手続きをするため同じ部署の者が伺う」などと伝えた。
 その後、被害者宅に男が現れ、被害者は指示されたとおり、キャッシュカードと暗証番号を書いたメモ用紙を男から渡された封筒に入れた。
 さらに男から、キャッシュカードを入れた白い封筒に割り印や署名をして保管するように指示されたことから、被害者が台所にボールペンを取りに行き、封筒に割り印や署名をしたところ、男は封筒を置いて被害者宅から立ち去った。
 その後、この件を不審に感じた被害者が封筒を確認したところ、封筒の中にはキャッシュカードではなくトレーディングカードが入っていた。キャッシュカードが盗まれたことに気が付いて警察に通報した。
 警察に通報後、口座から現金百数十万円が引き出されていたことが判明した。

 

◇  ◇  ◇

 

◎ 特殊詐欺被害を未然に防止するための注意点

 この特殊詐欺の手口は、被害者の隙を見て、キャッシュカードを入れた封筒ごとすり替えて盗み、預金を引き下ろす手口。予兆電話は、白昼堂々と行われています。
 このような電話があったら、すぐに警察に相談してください。

2020年03月24日

滝沢市内で不審電話

発生日時 2020年3月20日
発生場所 滝沢市内

 

-内容-

 滝沢市内で特殊詐欺と思われる不審電話がありました。
 内容は、盛岡西警察署生活安全課の警察官をかたる男から、「詐欺グループを逮捕しています。あなたの名前がリストに載っています」「〇〇(住所)の〇〇(名字)さんで間違いないですよね」「最後にキャッシュカードを使ったのはいつですか」等、個人情報を聞き出そうとする内容のものです。

 

◇  ◇  ◇

 

◎ 特殊詐欺被害を未然に防止するための注意点

 犯人は、あなたのキャッシュカードを狙っています。
 このような電話を受けた場合は、質問に答えず電話を切り、最寄りの警察署に相談してください。
 携帯電話を持っておらず、この情報を知ることができないお知り合いに方には内容を伝えていただき、注意するように呼びかけてください。

2020年03月20日

北上市内で不審電話発生

発生日時 2020年3月19日
発生場所 北上市内

 

-内容-

 北上市内で特殊詐欺と思われる不審電話がありました。
 内容は、北上警察署生活安全課の警察官をかたる男から、「詐欺グループが捕まって、犯人が持っていた名簿の中にあなたの名前などがあったので電話をした。」などと説明して、個人情報を聞き出そうとする内容。

 

◇  ◇  ◇

 

◎ 特殊詐欺被害を未然に防止するための注意点

 特殊詐欺の犯人はあなたのキャッシュカードを狙っています。
 警察官、市役所職員、金融機関職員が電話でキャッシュカードの暗証番号を聞くことはありません。
 相手が公的機関職員を名乗っても「キャッシュカードを預かります。暗証番号を教えてください。」という内容の話をされたら、それは間違いなく詐欺です。
 今後、お住まいの地域に不審電話が発生する可能性がありますので、在宅時でも留守番電話設定にし、犯人の電話に出ないようにしましょう。
 また、このような電話を受けた場合は、質問に答えずに電話を切り、最寄りの警察に相談してください。
 携帯電話を持っておらず、この情報を知ることが出来ないお知り合いのほか、離れて暮らしているご家族にも注意するよう呼びかけてください。

2020年03月19日

田野畑村で不審電話発生

発生日時 2020年3月17日
発生場所 田野畑村内

 

-内容-

 郵便局職員を名乗る者から、「還付金があるので、名前や生年月日を教えてください」「マイナンバーカードや振り込むための口座を用意してください」などの内容の不審電話が発生しました。

 

◇  ◇  ◇

 

◎ 特殊詐欺被害を未然に防止するための注意点

 今後、お住まいの地域に不審電話が発生する可能性がありますので、在宅時でも留守番電話設定にし、犯人の電話に出ないようにしましょう。
 また、このような電話を受けた場合は、質問に答えずに電話を切り、最寄りの警察に相談してください。
 携帯電話を持っておらず、この情報を知ることができないお知り合いや、離れて暮らしているご家族にも注意を呼び掛けてください。

2020年03月19日

盛岡市内で特殊詐欺被害発生

発生日時 2020年3月6日
発生場所 盛岡市内

 

-内容-

 盛岡市内の80歳代女性宅に銀行職員をかたる男が訪ねてきて、女性にキャッシュカードを持ってくるよう指示をした。
 女性は言われた通りキャッシュカードを持ってきて手渡すと、男は持参した封筒にキャッシュカードを入れた。
 さらに、「封をするので印鑑を用意してほしい」と言われ、女性は家の中に戻り印鑑を取ってきて封筒に割印をし、その封筒を受け取った。
 その後、被害に気付いて警察に届け出。盗まれた口座からは、400万円が引き出されていた。

 

◇  ◇  ◇

 

◎特殊詐欺被害を未然に防止するための注意点

 警察官、市役所職員、金融機関職員が電話でキャッシュカードの暗証番号を聞くことはないこと
 相手が公的機関職員を名乗っても「キャッシュカードを預かります。暗証番号を教えてください。」というキーワードが出たら、100%詐欺であること
 詐欺被害に遭わないようにするためには、犯人からの電話に出ないことが重要
 在宅時でも留守番電話設定にし犯人の電話に出ないようにすること
 このような電話を受けた場合は、質問に答えずに電話を切り、最寄りの警察に相談すること

2020年03月11日

令和2年 特殊詐欺 統計情報(2月)

特殊詐欺合計
認知件数
被害額(単位:万円)
前年同期比
前年同期比
9
+3
3,802
+3,007

 

ちょっと待って!
その電話・そのメール!

「オレオレ詐欺?でも本名も出身校もあってるし・・」

「年の瀬に孫からお金の無心、でも声が少し・・」

「復興支援団体からの寄付要請が、断れない・・」

「還付金?自治体だから安心・・」

「有料サイトの請求書?もしかしたらあのページかも・・」

「ビットコイン勧誘が、テレビでよく話題になってるし・・」

「突然、見知らぬ訪問者、一生懸命だし困ってそうだから・・」・・

これらは特殊詐欺かもしれません!

●岩手県警察からのお知らせ

 まずは、特殊詐欺の発生情報を速報で受け取れる「ぴかぽメール」へ登録しましょう!
ぴかぽメールでは、特殊詐欺のほか、不審者情報などを「速報」としてメールで発信しています。犯罪被害や声掛け事案に遭わないための安全対策として積極的に活用しましょう。



詳しくは、岩手県警察HP
http://www2.pref.iwate.jp/~hp0802/hurikome.html