大石 宣隆氏(おおいし・のぶたか=元岩手日報社編集局次長)

 9日午前1時41分、病気のため盛岡市内の病院で死去、79歳。盛岡市出身。火葬、葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男直之(なおゆき)氏。

 花巻支局長、編集局次長兼整理部長などを歴任した。