訃報

2018年7月

吉田 昭彦氏よしだ・あきひこ=元県議
 19日午前6時45分、大腸がんのため、陸前高田市米崎町字松峰の自宅で死去、76歳。陸前高田市出身。火葬は20日午後1時から陸前高田市高田町の陸前高田斎苑、通夜は21日午後5時から、葬儀は22日午後1時から陸前高田市高田町のエヴァホールあおやぎたかたで。喪主は妻タイ子(たいこ)さん。

 95~00年に陸前高田市助役、00年から県議を2期7年務めた。
氷室 一彦氏ひむろ・かずひこ=一関准看護高等専修学校、一関看護専門学校元校長
 15日午後10時42分、急性心臓死のため一関市内の病院で死去、72歳。盛岡市出身。自宅は一関市銅谷町1の4。火葬祭は19日午前10時から一関市釣山の釣山斎苑、通夜祭は19日午後5時から一関市赤荻のセレモール清花堂会館、葬場祭は20日午前10時から一関市赤荻のセレモール清花堂会館で。祭主は長男裕史(ひろし)氏。
坂本 富雄氏さかもと・とみお=元北日本銀行専務
 13日午前3時39分、ぼうこうがんのため盛岡市内の病院で死去、76歳。盛岡市下田出身。自宅は盛岡市下田字生出向(おいでむかい)。火葬は16日午後2時から岩手町五日市の岩手・玉山斎場浄霊苑、葬儀は同日午後5時から盛岡市下田の浄泉寺で。喪主は長男敏行(としゆき)氏。
高橋 照雄氏たかはし・てるお=協和商会代表取締役社長
 9日午前10時28分、脳幹梗塞のため一関市内の病院で死去、83歳。宮城県登米市出身。自宅は一関市山目字泥田。火葬は12日午後0時半から一関市釣山の釣山斎苑、通夜は同日午後5時から一関市萩荘のやすらぎホールいちのせき、葬儀は13日午前11時から同ホールで。喪主は長男和敬(かずよし)氏。

 岩手日報一関広華会員。

2018年6月

小野寺 啓氏おのでら・けい=元花泉北中校長
 27日午後1時、急性心臓死のため一関市山目町の自宅で死去。85歳。一関市山目出身。火葬は30日午前10時半から一関市釣山の釣山斎苑、通夜は7月1日午後4時から一関市赤荻の一関典礼会館、葬儀は2日午前11時から一関市中里の永泉寺で。喪主は女婿邦芳(くによし)氏。

 立根小校長も務めた。
東根 末吉氏あずまね・すえきち=東根千万億岩手日報社社長の父
 23日午前10時15分、左胸膜炎のため滝沢市内の病院で死去、90歳。雫石町出身。火葬・葬儀は近親者で済ませた。

 同町教委教育次長、雫石商工会事務局長を歴任した。
南 奎雲氏みなみ・けいうん、本名・岩雄=書家、岩手日報書展会特別顧問
 20日午後2時25分、尿管がんのため、盛岡市の病院で死去、82歳。洋野町種市出身。自宅は盛岡市住吉町。火葬は25日午前9時30分から盛岡市三ツ割のやすらぎの丘、葬儀は25日午後1時から盛岡市中野1丁目の盛岡典礼会館で。喪主は長男智(さとし)氏。

 1965年第8回日展入選。66年書道研究美雲社を結成し会長。2002年から11年まで岩手日報書展会常任理事。越中畑小、南畑小、篠木小の校長を歴任した。
岩下 豊彦氏いわした・とよひこ=早稲田大名誉教授、心理学
 5月27日午後10時14分、老衰のため東京都八王子市の自宅で死去、85歳。盛岡市出身。近親者で密葬を行った。喪主は妻尚子(ひさこ)さん。

 著書に「社会心理学」「対人好悪とその認知」「心理学」などがある。
菊地 豊氏きくち・ゆたか=元旧衣川村長
 17日午前7時32分、失血性ショックのため奥州市内の病院で死去、86歳。奥州市出身。自宅は奥州市衣川大坂。火葬は19日午前9時半から奥州市水沢佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は21日午後2時から奥州市胆沢若柳のごくよう若柳会館で。喪主は長男十郎(じゅうろう)氏。

 1971年旧衣川村長に初当選、通算3期務めた。NPO法人沙漠植林ボランティア協会の会長なども歴任した。
在原 真氏ありはら・しん=元花巻北高校長
 16日午前5時45分、原発性胆汁性胆管炎のため盛岡市内の自宅で死去、62歳。宮古市出身。自宅は盛岡市北松園。火葬は20日午後1時から宮古市千徳のみやこ斎苑、葬儀は21日午前10時から宮古市沢田の常安寺。喪主は妻絵美子(えみこ)さん。

 宮古水産高、花北青雲高、胆沢高の校長も務めた。
佐藤 栄次氏さとう・えいじ=元奥州・佐倉河小校長
 12日午前3時36分、老衰のため奥州市内の病院で死去、98歳。奥州市胆沢小山出身。自宅は奥州市水沢星ガ丘町。火葬は済ませ、葬儀は16日午後2時から奥州市水沢中上野町の安心堂中上野店で。喪主は長男栄男(さかお)氏。

 奥州・伊手小校長も務めた。
野村 育三氏のむら・いくぞう=元岩泉・安家小校長
 12日午前2時50分、悪性リンパ腫のため北上市内の病院で死去、85歳。北上市出身。自宅は北上市大堤南。火葬は15日午前10時から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は18日午前11時から北上市大通りの葬祭会館八重葬博愛苑で。喪主は長男俊之(としゆき)氏。
高橋 邦夫氏たかはし・くにお=木戸口英司参院議員の義父
 8日午前11時44分、消化管出血のため北上市内の病院で死去、81歳。花巻市出身。自宅は花巻市大通り。火葬は10日午後3時半から北上市北工業団地のしみず斎園、葬儀は16日午前11時から花巻市豊沢町の花巻葬祭センターで。喪主は妻幹子(みきこ)さん。

 花巻市大通りの老舗中華そば店「高権」店主。
千葉 鎮男氏ちば・しずお=旧宮古・蟇目中校長
 7日午前3時、老衰のため奥州市内の病院で死去。86歳。奥州市出身。自宅は奥州市江刺八日町。火葬は10日午前11時から奥州市水沢佐倉河のさくらぎ苑、葬場祭は11日午前11時から奥州市江刺八日町の江刺長安殿で。喪主は長男瑞男(みつお)氏。
作山 稔氏さくやま・みのる=作山充岩手日報社販売局付局次長の父
 7日午前3時45分、胆のうがんのため花巻市内の高齢者福祉施設で死去、83歳。紫波町出身。自宅は紫波町星山字高屋敷。火葬は9日午後2時から紫波町星山の紫波斎苑かたくりの丘、葬儀は11日午前11時から紫波町大巻の高金寺で。喪主は長男充(みつる)氏。
岩渕 義一氏いわぶち・ぎいち=元一関・千厩中校長
 4日午前6時58分、老衰のため一関市内の病院で死去、88歳。一関市藤沢町出身。自宅は一関市藤沢町黄海字天堤。火葬は7日午後2時から一関市千厩町千厩の千厩斎苑、通夜は7日午後4時から一関市藤沢町新沼の沙羅ホール、葬儀は8日午前11時から一関市藤沢町黄海の長昌寺で。喪主は長男義文(よしふみ)氏。

 一関・旧津谷川小、同大東中の校長も務めた。
角田 文男氏つのだ・ふみお=元岩手医大名誉教授
 5月30日午前7時50分、肺炎のため盛岡市内の病院で死去、87歳。福島県白河市出身。自宅は盛岡市高松。火葬は3日午前11時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘、葬儀は3日午後2時から盛岡市愛宕下の盛岡グランドホテルで。喪主は長男正史(まさし)氏。

 岩手医大医学部教授を経て99年名誉教授。日本学術会議会員を3期務めた。

2018年5月

福島 務氏ふくしま・つとむ=元福島県立医大医学部教授
 25日午前7時10分、老衰のため盛岡市内の老人ホームで死去、89歳。盛岡市出身。自宅は盛岡市西下台町。葬儀は28日正午から盛岡市高松のエヴァホール高松、火葬は同日午後2時から盛岡市三ツ割の市斎場やすらぎの丘で。喪主は長男明宗(あきむね)氏。