企画・制作/岩手日報社広告事業局
人も暮らしも長寿命化へ
  安心安全をつくっていきます
 地元岩手に会社を構え、創業35周年を迎える総合建設コンサルタント会社です。【仕事を通じ すべての人々が、心豊かに 優しく 楽しく ”いきいき” と生きられる、社会づくりを目指す。】を理念にし、県民の皆様に安心・安全な生活が送れるように測量・土木設計・補償・地質調査の仕事に尽力しております。
齊藤 早春(さいとう さはる)さん
●出  身:岩手県盛岡市 ●入社年:平成26年
●所属部署:補償調査部 

Q.地元就職を選んだ理由は何ですか。

A.一言で言うと地元『愛』です。学生時代に体験した東日本大震災をきっかけに、自分が育った岩手に少しでも恩返しがしたい。そんな自分は何がしたい、何が出来ると自問自答しながら県内の求人を探しておりました。

Q.この会社を選んだ理由を教えてください。

A.大学から近かったのと、自宅から通える距離だったので、まずは話を聞いてみようと気軽に思いました。会社訪問の際に、災害の最前線で仕事をしている話を聞き、地元就職の考えと繋がって入社を決めました。

Q.仕事内容とやりがいを教えてください。

A.補償調査部に所属し、建物や工作物調査を主に行っています。全くの素人からのスタートでしたが、年々、知識・経験の幅が広がることで、技術者として様々な提案が出来る事にやりがいを感じます。

Q.職場の雰囲気を教えてください。

A.研修が多く、見聞を広げる機会が多い会社です。社内の各部署では、ミーティングが頻繁に行われ、私の部署でも上司部下気にせず発言する会議を行い、チーム連携向上を図りながら仕事を進めることが出来ます。

Q.これからの夢や目標は何ですか。

A.公共事業は用地の取得が円滑に行われる事が不可欠といわれています。補償コンサルタントは顧客へ技術提案するために幅広い知識を持たなくてはなりません。社内外から信頼される技術者となるために努力しています。

 これから就職する学生に向けて一言

  合同説明会などでは、多くの企業の話を聞く事を心掛けました。選考を受けたい企業は勿論の事、色々な企業の話を聞くうちに、より多くの仕事を知る事ができ、視野も広がり有意義な就職活動を進める事が出来ます。

代表者から一言

■企業PR

当社の働き方改革の一環として、テレビ会議、テレワーク等で時間と場所を選ばない働き方を始め、全社員でより良い環境作りの知恵を出し合っています。

■学生に向けて一言

さまざまな研修(社内・社外)を通じて心と技術を磨き、社会人、技術者として、一人前に成れる環境が当社にはあります。ぜひ一緒に挑戦しよう。

代表取締役 田口 敬芳

採用担当者から一言

測量・設計の仕事は後世まで「形」に残る仕事であり、社員は誇りを持っています。私たちと一緒に、仕事を「形」にしていく、チャレンジ精神の溢れる仲間を求めています。

[企業情報]
住所:盛岡市高松二丁目35番28号
TEL:019-662-387

事業内容/測量・土木設計・補償コンサルタント・地質調査
設立/1984(昭和59)年9月
資本金/2,500万円
代表者/代表取締役 田口 敬芳
従業員数/49名
事業所/盛岡
職種/専門サービス業
勤務時間/8:30~17:30
休日休暇/年間122日 ※当社規定カレンダーに依る
保険/健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
[会社説明会・インターンシップ・職場見学会など]
平成31年3月1日(金)岩手大学主催合同就職説明会
平成31年3月4日(月)リクルート主催就活開幕LIVE
平成31年3月16日(土)ふるさと定住財団主催いわて就職マッチングフェアⅠ
[問い合わせ先]
営業部 山影 敬
ホームページ: http://nt-consul.co.jp/