佐々木朗希

野球

国内最速を超える

佐々木朗希(ささき・ろうき) 陸前高田・高田小で野球を始める。東日本大震災で自宅が被災し、大船渡・猪川小に転校。大船渡・一中では軟式野球部に所属した。大船渡高では1 年夏からベンチ入り。2019年春の高校日本代表合宿で163キロを計測した。

2019年夏の岩手大会で高校公式戦最速タイの160キロをマーク。決勝は登板せず、チームは敗れた。高校日本代表にも選出された。右投げ右打ち。陸前高田市出身。

2019年プロ野球ドラフト会議で、4球団競合の末にロッテから1位指名を受ける。「国内最速を超える」「日本一の投手になる」と決意を新たにする。
ロッテ入団会見で目標の投手に米大リーグ、ヤンキースの田中将大の名を挙げ、
「必ず沢村賞を取りたい」と抱負を語った。

岩手の剛腕 マリンで輝け
もっと読む