伊藤ふたば

スポーツクライミング

勝ち負けより
最高のパフォーマンスを
出せたらいいなと
思って課題に
向き合っている

伊藤ふたば(いとう・ふたば)

小学3年で競技を始めた。柔軟性や瞬発力を生かし、2017年のボルダリング・ジャパンカップを史上最年少の14歳9カ月で初制覇した。

2017年の世界ユース選手権ではユースB(2002、03年生まれ)のボルダリングで優勝、リードと複合で3位に入った。TEAM au、盛岡中央高。盛岡市出身。

2020年2月9日、スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップで最年少優勝を飾った2017年以来、2度目の日本一を果たす。
2020年2月22日、壁を登る速さを競うスピード・ジャパンカップでも初優勝、ボルダリング・ジャパンカップとの2冠を達成した。
もっと読む