元気な現役世代を増やすことで県民の健康寿命を延ばそう―。県、全国健康保険協会(協会けんぽ)岩手支部、県商工会議所連合会、アクサ生命保険(東京都)、岩手日報社は、県内事業所が従業員の健康を守り生産性向上を図る「健康経営の推進に係る連携協定」を結んだ。健康経営実践支援会議を設置し、健康経営に率先して取り組む事業所の認定や表彰制度の充実など、企業が積極的に健康経営に取り組むための環境づくりや支援を恊働で進めていく。

5者連携協定を結び、固い握手を交わす「健康経営」普及へ5社連携

8月6日に県庁で行われた連携協定締結式には、達増拓也知事、同支部の松本光一支部長、同連合会の谷村邦久会長、アクサ生命保険の幸本智彦副社長兼チーフディストリビューションオフィサー、岩手日報社の東根千万億(ちまお)社長が出席。各氏は決意を述べ、協定書を取り交わした。5者はこれまでも、脳卒中予防県民運動や健康経営セミナーの開催、働き方改革、優良法人の認定制度の普及促進、啓発広報活動などを展開してきた。協定で連携をさらに強化し、県民の健康づくりを応援する。県内で健康経営に取り組む事業所が増える一方で、宣言をしているものの実践に至らない、あるいは関心が高まらない、などの悩みを抱える事業所も少なくない。同会議では県民運動への広がりを目指し、要請に応じた健康経営アドバイザーの派遣や健康づくり出前講座の開催、健康ポイント制度や関連融資制度の活用などで事業所をサポートする。

県内企業では「健康経営」の取り組みが徐々に進んでいます。連携協定により5者が緊密に連携し、協働で普及啓発や企業支援などを実施することで、社会全体で働き盛り世代の健康を支え・守る環境の整備を進めます。県では本年度新たに、働き盛り世代を対象とした、歩行数の増加や食生活の改善を促す事業をスタートしました。今後、働き盛り世代がいきいきと活躍する健康経営の実践企業が増加することで、県民の健康増進が図られるばかりでなく、こうした企業の成長が、本県経済の活性化や岩手県のイメージアップ、さらには定住促進などにもつながるものと期待しています。緊密な連携を図りながら、「オールいわて」で活動を推進します。

協会けんぽは主に中小企業で働く従業員とその家族が加入する日本最大の医療保険者です。本県では約42万人が加入し、県民のおよそ3分の1を占めています。当協会岩手支部は平成27年9月より、岩手県や県内の各経済団体のご協力のもと、「岩手健康経営宣言」事業を展開し、健診や特定保健指導の実施、スモールチェンジ活動などを通じて健康経営に取り組んでいただくことで働き盛り世代の健康づくりを推進しています。宣言した事業所数は現在676社、この活動に取り組む方は5万5千人となり、県内事業所への広がりを実感しています。協定締結により、これまで以上に県民の健康増進が図れるものと確信しています。

「健康経営」は企業が従業員の健康に配慮することで、健康寿命を延伸し、増大し続ける医療費の伸びの適正化を図るとともに、企業経営においても大きな効果が期待できるもとして戦略的実践が求められます。日本商工会議所を筆頭に全国515の商工会議所が普及を目指して積極的に取り組んでいます。人手不足・採用環境が厳しくなる中で人材マネジメントに力を入れない企業は人材確保が困難な状況になると考えられます。現在、盛岡商工会議所をはじめとした県内9つの商工会議所では関係団体と協力・連携しながら「いわて健康経営宣言」を推進しています。地域経済の発展と岩手県民の健康寿命の延伸につながるように期待しています。

当社は企業が従業員の健康づくりを戦略的に進める「健康経営」を積極的に推進し、企業のみならず地域社会の持続的な成長に貢献する取り組みを進めてきました。当社の社員の健康経営アドバイザー資格取得を進め、企業の訪問活動という日常動線の中で健康経営の普及啓発、そしてどのように一歩を踏み出したらよいのかという導入支援を行っています。これまでの取り組みをご理解いただき、5者が連携して共に健康経営を推進する機会を頂戴したのは私どもにとって大きな誇りです。県内企業と地域社会の発展、県民の皆様の健康寿命の延伸に微力ながら貢献していきます。県民の皆様がいきいきと暮らす社会の実現に全力で取り組むことを約束します。

このような形の5者連携協定は全国初の取り組みで非常にチャレンジングなことであり、地元メディアとして参加できることはとても光栄です。今後、「健康経営」推進のために関係機関と協力して、関連の報道、事業、広告を展開していきたいと思います。当社はアクサ生命様と子宮頸がん予防啓発キャンペーンを行うなどこれまでもさまざまな健康啓発キャンペーンに取り組んでまいりました。県民の健康維持増進を目指してさらに運動を広げていきます。健康には正しい知識が必要です。また、県内では健診を受け、企業ぐるみで病気予防に取り組む動きが活発になっています。企業の先進的な取り組みを岩手から全国へ発信していきます。

「健康経営」の普及啓発へ連携協定を結んだ
このページのTOPへ
健康経営のすすめ

健康経営のメリット企業が得られるメリット健康経営とは

「健康経営」とは、社員の健康を経営資源として捉え、社員の健康増進に努めることによって、医療費適正化を図るだけでなく、労働生産性を向上させ企業価値の向上にもつなげようとする経営手法です。近年、企業では、「健康経営」への関心が徐々に高まっており、取り組む企業も増えています。

健康経営の背景
このページのTOPへ

Back to Top