共同墓地で鎮魂祈る

洋野町種市・宿戸地区


 洋野町種市の宿戸漁港から南に約700メートルほど離れた高台の共同墓地。その一角の海岸近くに小さな石碑がある。1896(明治29)年の三陸大津波で亡くなった人を供養する「大海嘯 罹災者 招魂碑」だ。高さ約60センチ、幅約30センチほどの石碑は、他の石碑と一緒に共同墓地の入り口近くに並び、ひっそりと被災の歴史と鎮魂の祈りを伝え続けている。
 旧種市町歴史民俗資料館の資料などによると、明治三陸地震で宿戸地区周辺には最大20・3メートルの津波が襲った。同地区は71戸中7戸が流失、38人が亡くなり、船舶も62隻中54隻が流失、3隻が破壊されるなど大半を失った。漁業で生計を立てていた地域は大打撃を受けた。
 同地区は1933(昭和8)年の三陸大津波でも大きな被害を受けた。周辺を約6メートルの津波が襲い、19人が死亡、4人が行方不明となった。家屋も8戸が流失、1戸が全壊した。船舶は旧種市村全体で計269隻が流失、全壊するなど、再びなりわいに多大な影響を与えた。

津波への意識根付く

洋野町種市の宿戸地区。右下の墓地の一角に石碑がある(岩手日報社小型無人機から撮影)
 洋野町歴史民俗資料館の資料などによると、共同墓地にある石碑を建立した岡本松太郎は1864年生まれ。藩制時代末期から昭和初期までを生きた人物だ。旧種市村の村議会議員や宿戸浜漁協の理事などを務めた記録が残っている。
 4代後の子孫で同町種市の町議岡本正善さん(52)は「どういった経緯で建てたのかは分からないが、地区の代表として大きな被害を後世に残したかったのではないか」と先祖の行動に思いを巡らす。
 共同墓地の記録によると、墓地は84年に開かれた。石碑が当初どこに建立されたのかは不明だが、地域の人の話では墓地の区画整理を行った1960年以降は同地にあるようだ。石碑のおかげか、同地区では「地震が来たら津波が来る」という認識が根付いている。
 2011年3月11日、くしくも松太郎の命日に東日本大震災が襲った。正善さんは自宅でただならぬ揺れを感じ、近所の宿戸小、宿戸中へ走り、地元の子らの安否を確認。消防団として地域の安全を確かめ、浜に人が下りないよう、交代でたき火をたいて一晩を明かした。
 宿戸地区は宿戸漁港の荷さばき場などが被災し、特産のウニなど漁業にも大きな打撃を受けたが、幸い同町で犠牲者は出なかった。
 町は震災前から毎年避難訓練を行っていたが、震災後は地区内でも参加する人が増えた。
 ハード整備だけでなく、ソフト面の大切さを改めて痛感した正善さんは「震災後、石碑は災害を伝える物として見直されている。先祖が建てたこの石碑も未来の人たちに教訓を与える役に立ってほしい」と願う。
家系図を手に、石碑を建てた4代前の岡本松太郎に思いをはせる岡本正善さん
【2011年3月12日】 荷さばき施設などが被災した宿戸漁港(洋野町提供)

2020年10月01日 公開
[2019年12月19日 岩手日報掲載]

碑の場所を確認する

洋野町種市・宿戸地区の大海嘯罹災者招魂碑

Google News Initiative(グーグル ニュース イニシアティブ) は Google がジャーナリズムの未来を切り開くため、報道業界とのコラボレーションを推進する取り組みです。世界各地で記者・編集者向けにデジタル技術の活用に関するワークショップやパートナーシッププログラムを展開しており、テクノロジーを最大限に活用して現代のジャーナリズムを巡る課題に取り組んでいます。