津波と赤痢 共に刻む

陸前高田市小友町・門前地区


 明治、昭和の三陸大津波の慰霊石碑群が並ぶ陸前高田市小友町の門前地区にある華蔵(けぞう)寺(畑山祥山住職)。特に明治時代の石碑は海嘯(かいしょう)(津波)と赤痢が併記され、それぞれの犠牲者を弔っている。県立博物館在籍時に津波石碑を研究していた目時和哉さん(盛岡一高教諭)の報告書によると、県内には類例がなく、幾多の災厄に見舞われた歴史を伝えている。
 石碑は全て花こう岩で、建立に関わった個人の名前を記している。華蔵寺の過去帳によると、1896(明治29)年の明治の大津波で272人が犠牲となり、津波から2年後の98年に最初の溺死者の供養碑が建立された。
 翌年の99年には気仙郡内で赤痢が大流行した。目時さんの調査では、盛(現大船渡)警察署管区内で738人が罹患(りかん)し、無数の死者を出したという。
 伝染病の知識や情報も少ない時代。畑山住職(52)は「津波の後、追い打ちをかけるように赤痢がはやり、寺として何をすべきか考えた当時の住職の思いを感じる」と実感を込め、「自然と闘うのではなく危険を感じたら逃げる。亡くなった方々と話せるのなら何を伝えたいか、冷静に思いを巡らせる時間も大切だ」と説く。

教訓込め残す写真集

両側の海岸から津波に襲われた陸前高田市小友町の華蔵寺周辺。これまでの津波で浸水した場所には水田が広がっている(岩手日報社小型無人機で撮影)
「生きる者の務めとして記録にとどめようと思った」
 華蔵寺近くに暮らしている陸前高田市小友町の宮城秀次さん(87)は、東日本大震災直後から小友地区の現状を撮影し、写真集「大津波の爪痕」にまとめた。記録を残して津波の恐怖、避難の重要性を伝える「現代の石碑」だ。
 3月11日午後2時46分の地震発生後、自宅から見える高さ約8メートルの赤磯岩にカメラを向けた。津波が襲来するとすっぽりと海中に隠れ、津波の巨大さが見て取れる。波が引いた後、えぐるように削られた地面も猛威を物語る。
 宮城さんの自宅は浸水を免れたが、震災前に修理に頼んでいた自家用車は流された。「どこから撮影すれば分かりやすいか、人が写っていないかなど配慮をしながら撮った」。華蔵寺に避難した住民の様子やライフラインの状況を記した後、翌日以降、破壊された水門やがれきが押し寄せた様子など、変わり果てた古里を歩き回った。
 写真集では復興の様子も載せている。2011年5月に小友小の校庭で行われた小友中の運動会は、自衛隊が撤去したがれきが周囲を囲むグラウンドの様子が分かる。救援物資の分別作業、14年の被災水田での田植えなど、B5判50ページの作品から復旧・復興の歩みが伝わってくる。
 「津波は三陸の宿命。父や祖父から地震の30、40分後には津波が来るから高台に逃げろと言われてきた。まさに津波てんでんこだ」
 同市や大船渡市など沿岸部を中心に38年間中学校教員として、生徒たちに津波の恐ろしさを伝えてきた。石碑も写真も思いは変わらない。後世に震災の記憶をつなげていく。
東日本大震災の爪痕を写真に記録した宮城秀次さん。「生きる者の務め」として後世に残す
【2011年3月11日】 津波が押し寄せる小友地区。赤磯岩も海中に没した(宮城さんの写真集より)

2019年04月19日 公開
[2018年10月19日 岩手日報掲載]

碑の場所を確認する

陸前高田市・小友町の石碑

Google News Initiative(グーグル ニュース イニシアティブ) は Google がジャーナリズムの未来を切り開くため、報道業界とのコラボレーションを推進する取り組みです。世界各地で記者・編集者向けにデジタル技術の活用に関するワークショップやパートナーシッププログラムを展開しており、テクノロジーを最大限に活用して現代のジャーナリズムを巡る課題に取り組んでいます。