井上康生さんと柔道に汗 久慈の小中学生ら


 本年度ALSOK柔道教室(松柔(しょうじゅう)会主催)は10日、久慈市新中の橋の市民体育館で開かれ、柔道全日本男子監督の井上康生さん(39)=東海大体育学部准教授=が、子どもたちに実技のこつや心構えを伝えた。

 県内の小中学生ら約400人が参加。井上さんは同社に所属する現役の柔道選手2人と「世界と戦うために必要な要素」と題して講話し、大外刈りの体さばきなどを伝授した。

 井上さんは挫折の経験などを紹介し「柔道以外の知識があれば、柔道に対する考え方と人間力の幅を広げられる」と助言。久慈中1年の勝田桃矢(とうや)さんは「一流選手の技は洗練されていた。教わったことを部活で生かしたい」と刺激を受けていた。

【写真=中学生たちに柔道を指導する井上康生さん(右)】

(2017/12/12)

[PR]

トップへ