本県出身の入居者殺害か 東京の施設、容疑で元職員逮捕


 東京都中野区の老人ホームに入所していた男性を殺害したとして、警視庁捜査1課は14日、殺人容疑で、この施設に勤務していた元職員の皆川久容疑者(25)=東京都杉並区=を逮捕した。

 捜査1課や捜査関係者によると、皆川容疑者は「間違いありません」と容疑を認め、「何度も粗相で布団などを汚され、いいかげんにしろと思ってやった」と供述。同課は、介護を巡るストレスが原因になった可能性があるとみている。

 逮捕容疑は8月22日未明、中野区白鷺1の1の18にある介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」の浴室で、本県出身の入所者、藤沢皖(かん)さん(83)の顔を湯が張られた浴槽に漬けるなどし、窒息させて殺害した疑い。

 藤沢さんは1986年から89年まで国際基督教大高校(東京都小金井市)の教頭を務めていた。パーキンソン病を患い、足腰が不自由だった。

(2017/11/15)

[PR]

トップへ