実りの秋、晴れ晴れ 北上で二子さといも収穫


 13日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなった。北上市二子町では特産の「二子さといも」の収穫が始まり、生産者は秋の実りに笑顔を広げている。

 同市二子町の農業筒井孝実さん(53)の畑では約40アールで栽培。約1・6メートルに育った茎を根元から切り、トラクターで土の中からサトイモを掘り出している。

 「二子さといも」は市内120戸の農家が計40ヘクタールで栽培。市や農協、生産者らが協議会を設立し、国の地理的表示保護制度(GT)の登録を目指している。収穫作業は11月下旬まで行われる。

【写真=秋晴れの下、二子さといもの収穫に励む筒井孝実さん(右)と量子さん親子=13日、北上市二子町】

(2017/09/14)

[PR]

トップへ