啄木と心重ね青春歌 短歌甲子園、盛岡で開幕


 第12回全国高校生短歌大会(短歌甲子園2017、実行委主催)は18日、盛岡市渋民の姫神ホールで開幕した。全国21校の生徒約70人が集い、31文字に込めた若い感性を競う。

 同日は開会式と組み合わせ抽選会の後、渋民公園など啄木ゆかりの地を巡って歌を考える題詠ツアーを実施した。

 第2日の19日は同市松尾町の盛岡劇場で団体1次リーグと個人の題詠を行う。最終日の20日は同劇場で団体決勝トーナメントと個人公開決勝審査を行う。

【写真=全国高校生短歌大会(短歌甲子園)が開幕。題詠ツアーで石川啄木の世界に触れる出場生徒ら=18日、盛岡市・石川啄木記念館】

<「短歌甲子園2017」応援特集 >

(2017/08/19)

[PR]

トップへ