シャクナゲ鮮やか 暑さ続く県内、25地点真夏日


 9日の県内は高気圧に覆われて晴れ、西からの暖気の影響で、奥州・江刺34・7度(平年比9・0度高)など36観測地点中25地点で最高気温30度以上の真夏日となった。大船渡市、釜石市、住田町にまたがる五葉山(1351メートル)ではシャクナゲが見頃を迎え、登山愛好家らが山歩きを楽しみながら花々を眺めた。

 シャクナゲは8合目から山頂にかけて群生し、薄桃色や白色の花が澄んだ青空に映えた。

 各地の最高気温は盛岡33・9度(同8・7度高)、大船渡29・8度(同6・0度高)、宮古29・1度(同6・4度高)など。20地点で今年最高となった。各消防本部によると、盛岡、花巻、北上など4市3町の10〜90代の男女15人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。いずれも命に別条はない。

 盛岡地方気象台によると、10日の県内は高気圧に覆われて晴れ、真夏日の所が多くなる見込み。予想最高気温は盛岡と一関が34度、二戸33度など。

【写真=多くの登山者が行き交う中、青空の下で鮮やかに咲き誇るシャクナゲ=9日午前11時、五葉山9合目】

(2017/07/10)

[PR]

トップへ