ケセンロックフェスの安全祈願 住田で実行委


 住田町世田米の種山ケ原イベント広場で7月15、16の両日開催されるケセンロックフェスティバルの実行委(村上健也委員長)は17日、現地で安全祈願祭を行った。全国から注目を集める夏の祭典を成功させようと気持ちを新たにした。

 実行委のメンバー9人が神事で、ステージ設営などの会場準備や当日の安全な運営を祈った。村上委員長(49)は「恒例行事に成長し全国から多くの客に来てもらえる。事故のないよう万全を期して迎えたい」と力を込めた。

 同会場での開催は今年で8回目。東日本大震災の2011年は断念したが、過去の出演バンドが東京で支援イベントを開き、12年に「復活」した。大船渡市、陸前高田市、住田町の若手有志を中心に実行委を組織している。

 15、16日の入場券は残りわずか。2日間通しの入場券は完売。詳しくはホームページへ。

【写真=神事を行いケセンロックフェスティバルの安全を祈願する実行委メンバー】

(2017/05/17)

[PR]

トップへ