自転車アジアVを報告 紫波総合高・中野さん


 自転車のアジアジュニア選手権(6〜10日、インド・ニューデリー)に日本代表として出場した紫波総合高2年の中野慎詞(しんじ)さんは21日、紫波町紫波中央駅前の町役場を訪ね、男子チームスプリント優勝などの結果を熊谷泉町長に報告した。

 渡辺好章校長と自転車部の猿舘貢顧問が同行した。中野さんは準優勝したスプリント、3位だった4000メートル団体追い抜きを合わせた金銀銅三つのメダルを熊谷町長に披露し「8月の世界ジュニア選手権(中国)や2020年の東京五輪でもメダルを取れるよう頑張りたい」と意気込みを語った。

 熊谷町長は海外試合での奮闘をたたえ「次のレベルでもメダルを取れるよう目標を一つ一つクリアしてほしい」と一層の飛躍を期待した。

【写真=熊谷泉町長に金メダル獲得を報告する中野慎詞さん(右から2人目)】

(2017/02/22)

[PR]

トップへ