モデルで女優の江野沢愛美(25)が6日、自身がディレクターを務めるアパレルブランド「ARUMDY(アルムディー)」先行受注会を開催。「高身長がコンプレックスだった」と語る江野沢が、高身長向けのブランドを立ち上げた想いを語った。

【全身ショット】173センチと高身長の江野沢愛美

 江野沢は、「形になっていてうれしい気持ちと、これからどうなっていくのかなと不安な気持ちもあります」とローンチ直前の心境を語る。

 自身が173センチの身長で悩みが多かったという江野沢は「身長が高いのが元々コンプレックスだった」と告白する。しかし、最近ポジティブに捉えられるようになったといい「20歳くらいになってから身長が武器になるんだなと気がついてからは、本当に自己肯定感も上がって、身長を活かしたファッションをしたいと思うようになった」と明かす。

 しかし、自分に合う衣装がなかなかなかったとブランド立ち上げのきっかけを語り「丈が足りなかったり、丈を合わせるとウエストが合わなかったりと悩んでしました。それを自分でつくることによって、同年代の背の高い方にも着ていただけているし、すごくそれがうれしい」と思いを語った。

 最後には「きょうはファンの方々に初めて手にとっていただける日なんですけど、どんな声をいただけるのか楽しみにしていますし、どの商品が人気なのかもウキウキしています。ブランドが大きくなることを願って、みなさんの幸せも願って、ブランドを頑張って生きたいと思うので応援よろしくお願いします」と呼びかけた。

 「ARUMDY」は、高身長でも女性らしい服を楽しみたいという女性のために、自身も身長173cmと高身長である江野沢がディレクターを務め、19日にストライプインターナショナルよりデビューする。サイズはフリーサイズ(通常サイズ)に加え、高身長の女性のためのトールサイズ(175センチ)も展開。男女ともに楽しめるジェンダーレスアイテムも取り揃える予定だ。