ジャニーズJr.の人気グループ・7 MEN 侍の菅田琳寧が、カンテレ・フジテレビ系土曜朝の情報バラエティー『土曜はナニする!?』(毎週土曜 前8:30)のコーナー企画「イケドラ」8月放送分(6日、13日、20日、27日)に出演することが決定した。

 同コーナーは、今話題のイケメン芸能人が出演する1ヶ月完結のミニドラマ。月替わりで内容が変わり、番組後半に放送される。幼なじみとの再会、人気歌手からの突然の告白など、さまざまなシチュエーションで描かれる約4分間の胸キュンラブストーリーで、主人公の女性目線で描かれ、視聴者はテレビ画面越しにデート気分を味わえる。

 今回のテーマは、婚約破棄をされた女性との恋。婚約破棄を機に、大好きな海が広がる地元へ帰ることになった“私”が、気分転換に海へ出かけるが、おぼれかけてしまう。そんな“私”を助けてくれた男性の正体が…。偶然の出会いから思わぬ方向へ動き出す真夏のラブストーリーのなかで、菅田は昔から憧れていた“ある役”を演じる。

 撮影を終えて、菅田は「めちゃめちゃ緊張しました。車内シーンのとき(助手席の)カメラに向かってセリフを言うんですけど、いざ相手役の子が目の前にいると『どうすればいいんだろう?』って、目のやり場とか意外と難しいなと思って、良い勉強にはなりつつも、めっちゃ緊張しました」と振り返る。

 さらに「ラブストーリーを見るのは好きなんですけど、演じる方は結構難しいなと思いました。見るのが好きだから、なんとなく『こういう感じでやったらキュンキュンするんだろうな』とか、いろいろプランはあったんですけど、それがうまく表現できたかはなんとも言えないので、放送がドキドキです」と心配も。

 また「女性とのやりとりのシーン…慣れていくとこっちも緊張が解けたんですけど、最初の出会いたての何とも言えない距離感を表現するのが難しかったです」と、ラブストーリーならではの演技に苦戦したことも明かした。

 昨年10月の「イケドラ」には、菅田と同じグループで活動する中村嶺亜と本高克樹(※高=はしごだか)が出演。菅田は「2人に『撮影の雰囲気、めちゃめちゃいいよ!すごい楽しくできる!』と事前に教えてもらっていたので、すごくリラックスしてやることができました」と安堵。さらに、2人が出演した作品を観て「女性役の方を克樹と取り合うときの嶺亜さんの目配りがめっちゃ上手だった。『もうマジでいいよ!最高なんだけど!』って(中村)嶺亜さんに伝えたら、『うれしい!』って喜んでました(笑)」と、中村とのエピソードを明かした。

 最後に「なかなか見られない裸のシーンがあるんですけど、前日に上半身脱ぐっていうのを知ったので、ちょっとだけパンプアップしてから撮影に挑みました(笑)。“筋肉キャラ”である自分としては、そこが見どころかなと思います!」とアピールしている。