先ごろ、健康的なボディラインと女性らしい肉体の美しさを競うコンテスト『サマー・スタイル・アワード(SSA)』の横浜大会が開催された。ぽっちゃり体型から13キロ減量してコンテストに初出場した会社員の小澤里紗さん(25歳)は「ボディメイクをがんばってきた結果の身体を見てもらいたい」とビキニ姿を披露した。

【全身写真あり】美女たちがズラリ…モデルや教師、医師らの美しいボディ競演!自慢の美尻や美くびれを披露

◆彼氏に誘われてトレーニングをスタート「身体が変わっていくのが楽しくなった」

――トレーニングはいつから始めましたか?

【小澤里紗さん】 スポーツジムに通い始めたのは1年くらい前からです。もともと身体を動かすことが好きで、家で自重トレーニングをずっとしていました。そのころ彼氏がジムに通っていたのですが、「一緒にトレーニングをしよう」と誘われて、私もジム通いを始めました。

――コンテストに出場しようと思ったきっかけは?

【小澤里紗さん】 ジムでトレーニングをしているうちに身体がどんどん変わっていくのが楽しくなって。とりあえず経験としてコンテストに出場してみようかなと軽い気持ちで決めました。「せっかくトレーニングしているなら」と彼氏も応援してくれて、コンテスト出場は今回が初めの出場になります。

――コンテストに向けてどのくらい減量しましたか?

【小澤里紗さん】 ジムに通う前はけっこうぽっちゃり体型で、いまと約13キロ違います。トレーニングと食事管理で1年で徐々に落としてきました。長期間かけてゆっくり減量しましたが、コンテスト前の半年間では5〜6キロくらい減量しています。

――けっこう体重を落としていますが、つらいこともありましたか?

【小澤里紗さん】 身体を絞っていく期間を長く設けていたので、トレーニングはそれほどきついことはなかったです。でも、集中力が切れてしまったり、モチベーションを維持したりするのが大変でした。そういうときは、コンテストに出場している人のInstagramを見たりして、ジムで仲間のボディやトレーニングの様子を見て、自分はまだまだダメだと感じることでモチベーションを上げていました。

――ボディメイクで減量してから、周囲の人に言われることはありますか?

【小澤里紗さん】 もともとぽっちゃりだったので、「スタイルがいいね」と女性から言ってもらえるようになったのはうれしいです。「どうやって痩せたのか?」と聞かれることも増えました。そういうときは、本当にボディメイクをやってよかったと実感しています。



筋肉をつけてボリュームアップした背中が自慢「日常生活を見直せてよかった」

――いまの自慢のボディパーツは?

【小澤里紗さん】 筋肉をつけてボリュームアップした背中です。バックポーズをしっかりアピールしたいと思っています。その一方で、課題はステージングです。こういった発表の場に慣れていないので、トレーニングよりも、ステージングでの見せ方やパフォーマンスをもっと研究しないといけないと思っています。

――ビキニ姿でステージに立つことに抵抗はありませんでしたか?

【小澤里紗さん】 ビキニ姿が、恥ずかしいというのはないですね。がんばってトレーニングしてきた成果を発表する場なので、むしろ見てもらいたいという気持ちです。普段は緊張するタイプで、人前に出るのはそんなに得意なほうではないんですけど(笑)。

――ボディメイクが自身のプラスになっていることは?

【小澤里紗さん】 もしコンテストに出ようと思っていなかったら、きっと食生活が乱れたままでした。極端な偏食生活をしていたので、コンテストをきっかけに日常生活を見直せたのが本当によかったと思っています。健康的な規則正しい毎日を送れるようになりました。

――コンテストはこれからも出場しますか?

【小澤里紗さん】 いまのところ、まだ次の予定はないです。ただ、トレーニングはこれからもずっと続けていきます。もうなくてはならない趣味になっているので(笑)。トレーニングを続けていくなかで、またコンテストに出たくなるかもしれません。

――コンテストを経験してよかったと思うことは?

【小澤里紗さん】 トレーニングして磨き上げた身体をどう見せるかが大事であり、それがとても難しいことを学びました。一度経験しないとわからなかったことだと思います。あと、自分でトレーニングをしていたときは、食事を意識していなくて、筋肉のボリュームアップができていなかったんですね。それが、コンテストという目標ができたことで、食生活を見直せたのが一番大きかったです。

――コンテストに出なくなったら、もとの食生活に戻りませんか?

【小澤里紗さん】 いえ、そこはがんばります(笑)。トレーニングはこれからもずっと続けるので、筋肉を大きくするために気をつけていきたいと思います。

(文/武井保之)