俳優・杉咲花が、NHK総合で7月12日スタートするドラマ10『プリズム』(毎週火曜 後10:00)の主演を務めることが発表された。男女3人のガーデンづくりを恋模様とともに描き、杉咲は園芸店でアルバイトをする主人公役。藤原季節、森山未來が共演する。

【写真】ガーデンづくりと恋を描く 杉咲花の恋人役を演じる藤原季節

 大切な人を思う男女3人を描くストーリーで、浅野妙子氏が脚本を手がける。都内の園芸店でアルバイトをする前島皐月(杉咲)は、声優の夢をあきらめかけるなど、何をしても本気になれず、恋についても同じ。そんなとき、皐月の作るテラニウムがガーデンデザイナーとして活躍する森下陸(藤原)の目に留まり、庭園のリガーデンプロジェクトを通じて恋愛関係に発展。ここにガーデナーの白石悠磨(森山)が加わり、ガーデンの完成を目指しながら、プリズムのように3人の思いが交錯していく。

 杉咲は「本作は私たち自身に、あるいはあなたのすぐ隣に存在する物語なのではないかと思っています」と説明し、「人と関わり合うことに希望を抱けるような作品になることを信じて、季節さん、未來さんをはじめ信頼するプリズムチームの皆さまと共に、大切に取り組んでいきたいです」と意気込む。

 また、作品テーマにふれ「気持ちを伝えること、相手を理解すること、対話をするこは、時に逃げたくて煩(わずら)わしい。それでも信じてみたいのはなぜだろう」と投げかける。

 恋人役の藤原は「登場人物たちが、自分のセクシュアリティやジェンダーを、自分の存在を、過去や未来を、自分自身で認めて。その上で誰かと混ざり合って発光していく。プリズムのようなドラマを届けられたらと思います」と語る。

 2人に関わる森山は人間と自然の共生関係にふれ「ガーデナーという職業を通じて、失われつつある自然との関わりを再確認しながら、複雑化した(かのように見える)人間関係の現在を見つめ直すことができるのではと思い、この作品に参加させていただくこととなりました。できあがりを楽しみにしています」と期待をこめる。