漫画『金の国 水の国』がアニメ映画化されることが決定し、2023年春に公開されることが発表された。また、スタッフ情報が公開され、監督は渡邉こと乃(「ちはやふる」など)、脚本は坪田文(「HUGっと!プリキュア」など)、アニメーション制作はマッドハウス(「時をかける少女」「サマーウォーズ」「ちはやふる」)が担当する。

【画像】癒される絵のタッチ!『金の国 水の国』 漫画イラスト

 同作は、ある時代のどこかにある隣り合う仲の悪い2つの国を舞台に、A国の姫・サーラとB国の青年・ナランバヤルが偶然出会い、国の未来のために“夫婦役”を演じているうちに恋に落ちる…という物語。

 原作・岩本ナオは、監督やキャラクターデザイナーとの打合せにも協力的な姿勢で参加。アフレコで動く自身のキャラクターを初めて目の当たりにして、「自分が紙の上に描いた人物たちがスクリーンの中で動いたり喋ったりしている姿を見れるのを楽しみにしてます」とコメントを寄せた。

【スタッフ】
原作:岩本ナオ「金の国 水の国」(小学館フラワーコミックスαスペシャル刊)
監督:渡邉こと乃(「ちはやふる」「俺物語!!」)
脚本:坪田文(「HUGっと!プリキュア」「コウノドリ」「マッサン」)
アニメーション制作:マッドハウス(『時をかける少女』『サマーウォーズ』「ちはやふる」)
アニメーションスーパーバイザー:増原光幸(「ダイヤのA」「若おかみは小学生!」)
製作幹事:日本テレビ放送網

【配給】
ワーナー・ブラザース映画