韓国のオーディション番組『放課後のときめき』から誕生し、5月に韓国でデビューした平均年齢16.2歳の7人組ガールズグループ・CLASS:y(クラッシー)が22日、テレビ東京系の音楽特番『テレ東音楽祭2022夏~思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発~』(後5:30~9:54)に出演した。この日、日本デビューしたCLASS:yは、今回が初来日で、日本の音楽番組デビューともなった。

【動画】ナナナを手に日本語であいさつするCLASS:y

 オーディションを勝ち抜き、1stミニアルバム『CLASS IS OVER』で5月5日に韓国デビューしたCLASS:yは、ミョン・ヒョンソ(20)、ユン・チェウォン(19)、ホン・ヘジュ(18)、キム・リウォン(15)、ウォン・ジミン(14)、パク・ボウン(14)、キム・ソンユ(14)からなる7人組。きょう22日、1stシングル「SHUT DOWN -JP Ver.-」で日本デビューした。

 『テレ東音楽祭』では黒を基調とした衣装で日本デビュー曲「SHUT DOWN -JP Ver.-」を初生披露。キレキレのダンスパフォーマンスで魅了した。

 SNSでは「CLASS:y日本デビューおめでとう!」「CLASS:yめちゃくちゃ可愛かった〜」「CLASS:y、最強で最高だった」「CLASS:yさんカッケェ!!!!」「CLASS:yちゃんたち最高 ヒール高いのにめっちゃ踊れてるのすごい」と歓喜の声が広がり、「CLASS:y 初めて知ったけど いい感じ」「CLASS:yって知らなくて、初めて観たんだけどダンス凄くて見入っちゃった」と初見の視聴者の心もつかんだ。

 日本デビューを記念し、25日にはTikTok日本公式アカウントで生配信することが決定。27・28日には、東京・豊洲PITでデビュー・ファンミーティングが開催される。