元NMB48のタレント・福本愛菜(29)が17日、大阪市内で行われた『フジパンPresents 第10回記念 淀川寛平マラソン』(12月3日・4日、淀川河川公園)開催記者発表会見に出席。スポンサーのフジパンとコラボした限定カレーパンの試食を楽しんだ。

【集合ショット】マラソンランナースタイルで登場した福本愛菜、間寛平ら

 間寛平が発起人となり、東日本大震災の復興支援を目的に2013年に始まった『淀川寛平マラソン』が、記念の第10回大会を迎える。福本は、NMB48時代の2012年に『大阪マラソン』を4時間8分45秒で完走したのをはじめ、各地のマラソンに参加し、『淀川寛平マラソン』でも常連メンバーの一人。

 第10回大会では、女と男・ワダちゃんがオリジナルTシャツをデザインするほか、“寛平カラー”で淀川を埋め尽くす試みや、新種目のペアマラソンなど企画が盛りだくさん。フジパンとコラボした『スナックサンド』の限定パンも発表された。

 限定パンは、10の野菜で子どもから大人まで楽しめるカレー味で、福本は「クセになる」と試食がとまらず。『炭火焼肉たむら』でカレーを提供するたむらけんじも太鼓判を押した。

 当日に向けて芸人と一緒に走る練習会も行われる。福本は「ある程度走れるようになったら走るのが楽しくなる。練習会をすることで大会のレベルが高くなりそう」と期待を寄せていた。一般ランナー8500人の参加を募り、参加料から1人あたり100円が東日本大震災被災地支援と新型コロナウイルス対策事業支援にあてられる。