東京・赤坂にあるTBS赤坂ACTシアターが、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』専用のハリー・ポッターシアターとして、昨年12月からの半年間の大規模改修工事を終え、あす16日に同舞台のプレビュー公演初日にリニューアルオープンする。

【画像】魔法ワールドにリニューアルされたシアター内

 エントランスは、専用劇場化を象徴する公演ロゴの看板で観客をお出迎え。劇場内へ一歩足を踏み入れると、足元にはホグワーツ魔法魔術学校の校章をモチーフにした真紅のカーペット、天井には星空が広がり、一瞬にしてハリー・ポッターの世界観にひたることができる。

 入口階となる2階フロアには仕掛けが隠されたブックスタンド(フォトスポット)や、公演グッズを販売するショップを併設。

 1階フロアへ向かう大階段には、ホグワーツ魔法魔術学校の4寮のフラッグが掲げられ、1階ロビー壁面には、物語に登場するさまざまなパトローナス(守護霊)が表現されている。

 そして、1階フロアにあったカフェも大幅リニューアル。名称も「THEATER BASE(シアターベース)」に変更。開演前や幕間に軽食やドリンク等、こだわりの洗練されたメニューが楽しめる。

■ 舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』公演概要

[プレビュー公演]6月16日(木)~ 7月7日(木)全22公演
[本公演(第1期)]7月 8日(金)~ 9月30日(金)全106公演
[本公演(第2期)]10月 1日(土)~12月30日(金)全130公演
[本公演(第3期以降)]調整中
【会場】TBS赤坂ACTシアター
【上演時間】3時間30分(予定) ※休憩あり