人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、テレビ朝日系オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(毎週土曜 後11:30)がきょう11日、最終回を迎える。

【場面カット】最終話で30年後からやってきたおっさんと和泉が再び対面

 山田が本格ラブコメに初挑戦する今作は、『かわいい』を武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介(山田)と、26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉(芳根京子)というキュンすることが難しい不器用な2人の遅すぎる初恋を描く。

 最終回は、和泉の双子の兄・山城大和(森崎ウィン)との話題に触れられたくない和泉が、30年後の未来からやってきたおっさん(古田新太)が自分の父親だとウソをついていた康介を問い詰め、心を閉ざしてしまう場面からスタート。

 去って行く和泉を追い掛けようとしたその時、康介の前に立ちはだかったおっさんが「8日後、消費期限となります」とひと言。無情にも宣告されてしまった“可愛い”の終わり――。30年後、康介と和泉が一緒にいないこと、そして「未来は変えられない」と告げられてしまう。

 翌日、おっさんの言葉を引きずる中、和泉から「本日の就業後お話できますでしょうか」とのメッセージに動揺し、仕事どころではない康介。しかも、会社の危機に乗り込んできた人事コンサルタントで実は和泉の双子の兄・山城大和(森崎ウィン)が、経営のスリム化を推し進めるため、営業部門と支社の統廃合、さらに早期退職者も募ると宣言。

 不安しかない康介が、メッセージのことについて和泉に問いただすと、追い打ちを掛けるように別れを切り出されてしまう…。おっさんの「未来は変わらない」という言葉を思い出し、絶望する康介。

 そんな中、営業部門と支社の統廃合を撤廃させるため、営業一部のメンバーが奮闘。康介も前を向き始めたある日、大和に声を掛けられ和泉の過去を知ることになり、自分も一緒にその過去と向き合おうとする。

 これまでは“可愛い”期間を引き延ばそうと必死で悪戦苦闘してきた康介に変化が訪れ、消費期限なんてそっちのけ、変えられない未来を嘆くよりも、“今”を変えたいと強く願い始める。「どんな未来を予言されたって――」と、走り出した康介の選択とは。

 おっさんがなぜ30年後の未来からやってくることになったのか、そして30年前の自分(=康介)にどうしても伝えたかったことも明らかとなる最終回。康介と和泉の遅すぎる初恋の結末に、過去最高のキュンキュン展開が待ち受ける。