俳優の間宮祥太朗、石井杏奈、矢本悠馬、前田和男監督が13日、都内で行われた映画『破戒』完成披露舞台あいさつに登場した。

【動画】仲の良さダダ漏れの間宮祥太朗&矢本悠馬

 4人は浴衣姿で登場しており、司会者が「似合ってる!」とべた褒めすると、会場から大きな拍手が。それぞれ着た感想や相手の浴衣姿についてコメントを求められると、間宮は石井の姿を見て「鮮やか!」と照れ、矢本も「かっこいいね! 杏奈ちゃん」と絶賛した。

 石井の髪には髪飾りが付いており、間宮は矢本が「髪飾りを羨ましがっていた」と暴露すると、石井も「(矢本の髪に)刺したいですもん」とイジリ。これに矢本は「いやいやいや…ずるいよね~、かっこいいもん!」と照れていた。

 同作は、島崎藤村の不朽の名作「破戒」が原作で、60年の時を経て再び映画化されたもの。1948年に木下恵介監督、1962年に市川崑監督と名だたる巨匠がこれまで映画化してきた。本作の舞台は、まだ身分制度の影が残る明治後期。出自により、職業や住む場所を制限され、他の身分の人々との交際も許されず、不当に差別される時代に、なぜ自分の故郷を語ることができない、なぜ好きな人に気持ちを伝えることができないと悩む、1人の青年を描いたストーリー。