オンライン動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスが主催する35歳以下を対象とした新世代の映像クリエイター発掘&育成プロジェクト「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ(通称:HU(エイチユー)35)」の第2回審査員長に映画監督の今泉力哉氏の就任が決定。第2回の募集が本日(10日)よりスタートとなった。

【写真】第1回の審査員を務めた橋本愛

 「Hulu U35クリエイターズ・チャレンジ」は誰もがスマートフォン1つで簡単に映像作品を作り、発表できるようになった現代ならではの創造力に富んだ若きクリエイターたちとともに新しいエンターテインメント作品を発信することを目指して、Huluが立ち上げたクリエイター発掘&育成プロジェクト。

 応募資格は「35歳以下であること」。企画力と熱意があれば、プロ・アマを問わず応募できる。このプロジェクトの特徴は、選考で選ばれた5人が、実際に自分の企画を映像化することができ、配信まで約束されていること。複数回の選考を経て選出された5人のファイナリストは、制作費1500万円とプロの映画制作チームのサポートを受けて、自ら監督・脚本を務める作品の制作に挑戦できる。

 完成した5作品は、ファイナリストたちの制作過程に密着したドキュメンタリーとともにHuluで独占配信され、最終審査によってグランプリ作品を決定。グランプリ受賞者には賞金100万円とHuluオリジナル新作を監督・配信する権利が与えられる、さらなる活躍のサポートまで確保される、発掘と育成を両立したプロジェクトとなっている。

 同プロジェクトの第1回は、応募を開始した2021年3月31日からグランプリ授賞式の22年3月22日まで開催され、審査員長の沖田修一(映画監督)、審査員の橋本愛(俳優)、本谷有希子(劇作家・小説家)、シソンヌじろう(芸人・脚本家)による最終審査で老山綾乃さんの『まんたろうのラジオ体操』がグランプリ作品に選ばれた。

 第2回審査員長に就任した今泉監督は、『愛がなんだ』(19年)、『街の上で』(21年)などの作品で知られ、今年11月には最新作『窓辺にて』の公開を控えている。プロジェクトへの参加にあたって「次につながる機会まで用意されている『Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ』にはぜひ多くの人に参加してほしいです。ぜひ発掘されちゃってください」と、新たなクリエイターたちとの出会いとプロジェクトへの期待を寄せた。第1回と同様、審査員長のほか3人の審査員の合計4人を予定しており、審査員は7月に発表される。