俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、源頼家の正室・つつじを演じる北香那の出演が決定した。

【写真】 夜の草むらで…襲われそうになった比奈を助けた義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 この日の発表ではそのほか、源頼家の側室・せつを演じる山谷花純、善児に育てられた孤児・トウを演じる山本千尋、中世きっての名僧・慈円を演じる山寺宏一の出演が発表された。

<北香那のコメント>
――登場人物の印象&意気込み
山谷花純さん演じるせつとは真逆の印象で、つつじは月のような人のイメージを受けました。近ごろ別作品でパワフルな母親役を演じたりもしましたが、今回のつつじのように物静かな印象の中に芯の強さを感じる母の役は初めてなので、試行錯誤しながら、自分の思い描くつつじを作り上げていきたいなと思います。

――大河ドラマ出演について
『いだてん』に出演させていただきました。撮影が始まる前に竹早のメンバーとテニス、槍投げの練習をたくさんしたことが思い出に残っています。私は部活を経験したことがないので、部活のようでとても楽しかったです。

――三谷幸喜氏について
三谷幸喜さんの作品の出演歴はございませんが、『ステキな金縛り』という作品を観たときの衝撃はとても印象的に覚えています。一度じゃ足らずに、何度も拝見させていただきました。笑いあり涙ありとはまさにこのこと…!独特な世界観に引き込まれ、舞台を観ているような気持ちにもなりました。

――共演者について
凄まじく豪華なキャストの皆様と共演させていただけることが、とてもありがたく幸せなことだと思います。撮影にはまだ一度しか参加しておりませんが、「鎌倉殿」の発音がとても難しいということで、キャストの皆様が笑顔で練習していらっしゃったことが印象に残っています。暖かい雰囲気に心が和らぎました。