俳優のムロツヨシ、岸井ゆきのが共演する、吉田恵輔監督オリジナル最新作『神は見返りを求める』(6月24日公開)より、主人公・田母神(ムロ)の、負の感情に包まれた場面写真が公開された。

【画像】解禁されたそのほかの写真

 吉田監督が最新作に選んだ題材はYouTuber。加速する時代で、“YouTuber”という職業を通して、今という時代を象徴的かつポップに描く一方、“欲”や“本音と建て前”、“嫉妬”といった人が誰しも持つ醜さや葛藤をも鮮烈に描く。

 本作の主人公・イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃんこと川合優里(岸井)に出会う。田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫に思い、まるで「神」かの様に見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。二人は、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが…あることをきっかけに、二人の関係が豹変する。

 “神”のように優しかった田母神は、恩を仇で返すゆりちゃんやその周りで起こる出来事によって、ゆりちゃんの過去を晒す暴露系YouTuber “ゴッティー”へと豹変。

 解禁された場面写真は、予告編でも印象的な見返りを求めないお人好しの田母神が豹変し発狂するシーンや、頭部をおさえ、顔を歪ませて道端にうずくまる田母神、さらには感情を失ったかのような表情で何かを見つめている田母神など。

 そのほか、携帯カメラを構えて何者かのマスクを剥がす様子や、自宅のドアに「ゴッティーのへや」と落書きされている写真も。現実世界でもSNSから住所を特定されるという怖い事件が多発する中、田母神も自宅を特定されたのか…。また覆面を被ったゴッティーがゆりちゃんに詰め寄る様子は、マスクの下から負の感情に満ちた彼の情念が伝わってくるようだ。

 先日実施された完成披露試写会の舞台あいさつでは、ムロは「現場での過ごし方が今までとは違った。受け身の役であり、どんどん豹変していく役どころ。もはや“ムロシズカ(静か)”。岸井ゆきのさんとも会話をしないようにして、吉田監督の脚本の世界にどっぷりと浸かろうと思った」とコメント。

 あまりの静かな佇まいゆえに共演の岸井からは「本当にムロさんは静かでした。『本当に主役?』と思うくらい端っこにいて。キャンプ用の椅子に仏のように静かに座っていました」と話すほど。田母神を演じるにあたり、ムロは「軽くやると吉田監督が描いた人の愚かさなどが浅く薄っぺらくなると思ったので『悲劇ではあるが喜劇だ』と頭の中で繰り返して楽しみながら演じようと、いつもの“にぎやかツヨシ”はいらないとジャッジした」というコメントも残している。

※吉田恵輔監督の「吉」は「士」の部分が「土」、柳俊太郎の「柳」は「木」偏に「夘」