嵐・松本潤が主演を務める、2023年に放送予定の大河ドラマ(第62作)『どうする家康』。物語の主な舞台の一つである愛知県内でクランクインし、甲冑を身にまとった松本の場面カットが公開された。

【写真】広瀬アリス、山田孝之ら…豪華”チーム家康”キャストを紹介!

 松本が大河ドラマ初出演にして、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

 収録は、徳川家康と名乗る前の、若き松平元康時代からスタート。公開された場面カットは、仕えていた今川義元が桶狭間で討たれた後、織田家と今川家のどちらにつくべきかで元康が揺れるシーン。ナイーブで頼りない元康が、いかにして天下統一までの道のりを歩むのか注目だ。

 ファンからは「クランクインおめでとうございます」「来年の大河ドラマまで待てない」「甲冑姿の松本潤さんかっこいい」「松潤家康公がイケメン過ぎる!」「殿の凛々しいお姿初お目見えですね」などの声が寄せられている。