『ウルトラマン』でウルトラマンのスーツアクターを務めた古谷敏(78)が3日、都内で行われた庵野秀明セレクション『ウルトラマン』4K特別上映のトークショーに参加した。

【動画】古谷敏、“チョップで痛がるウルトラマン”名シーンの裏話を告白

 イベントは、スクリーンに懐かしの写真を投影しながら進行。ウルトラマンに特撮の神様として知られる円谷英二さんが話しかけ、背後にバルタン星人が映る1枚の話題になった。古谷は「小言を言われている感じですよね」と笑いながらも「実はウルトラマンと会った最初なんです。初対面で円谷さんが小言を言うわけない」と裏話。円谷さんは「息苦しくないか? 目が見えるか?」と話しかけてくれたそう。

 古谷は「要するに円谷さんの優しさなんです。東宝の特撮の名監督である。いつもぬいぐるみの役者を気遣ってくれる。(『ゴジラ』シリーズのゴジラ役の)中島春雄さんがよく言うんです。『オヤジさんは本当に優しいんだよ』と。その優しさでウルトラマンに『苦しくないか?』『目が見えるか?』と。そういう場面なんです」と懐かしんだ。

 最後には「子どもに夢を与えるんだよ」と言われたそう。古谷は「円谷英二監督は子どもに夢を持ってもらう感覚だった。自分が演じるのは、自分が夢をもらったからお返ししていこう、と」と“神様”との初邂逅で受けた薫陶を思い返していた。

 この企画は、庵野秀明氏が企画・脚本を手がけ、斎藤工が主演した『シン・ウルトラマン』(樋口真嗣監督)のヒットを記念しての上映。上映イベントでは、庵野氏が『ウルトラマン』(1966年)からセレクトした4エピソードを映画館の巨大スクリーンで迫力の4K映像で楽しめ、ファン垂涎(すいぜん)の企画。『シン・ウルトラマン』を観る前・観た後に庵野氏のセレクションもあわせて観ると、両者の世界をより深く楽しむことができる。

 上映されるのは、第18話「遊星から来た兄弟」、第26話「怪獣殿下(前篇)」、第28話「人間標本5・6」、第34話「空の贈り物」が上映される。