人気グループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、声優として出演しているABCテレビ・テレビ朝日系アニメ『デリシャスパーティ◆(=ハートマーク)プリキュア』(毎週日曜 前8:30)。品田拓海役の内田雄馬と、菓彩ゆあん・みつき役の宮田がエンディング主題歌「DELICIOUS HAPPY DAYS♪」のダンスに挑戦している動画が5日から公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【動画】『DELICIOUS HAPPY DAYS♪』のダンスに挑戦する宮田俊哉&内田雄馬

 今作は2004年より始まったプリキュアシリーズ第19弾。世界中のおいしいお料理が集う街・おいしーなタウンを舞台に、みんなのおいしい笑顔を守るため、3人の普通の女の子がプリキュアに変身。お料理の妖精・レシピッピを狙う怪盗ブンドル団に立ち向かう。

 内田は、主人公・和実ゆい(キュアプレシャス)の幼なじみであり、ゆいに想いをよせている様子の品田拓海、そして、宮田が演じるのはゆいたちが通う中学校の生徒会長・菓彩あまねの2人の兄、双子のゆあんとみつき。プリキュアを支える重要な人物として今後の活躍にも注目だ。

 アニメ本編では、プリキュアの3人が楽曲にのせてかわいく楽しさあふれるダンスを披露しているが、今回、内田と宮田がそのダンスを完全再現。かねてより親交のある2人は息ぴったり。一緒にダンスはこれが初めてとのことだが、番組のアフレコスタジオで行われた収録では、汗だくになりながらも笑顔を絶やさず順調な進行となった。

 満足度を聞かれた宮田は「めちゃくちゃかわいいと思いますよ。日本一かわいいアラサーコンビなので(笑)」と自信満々。内田も「プリキュアの気持ちになって踊ろうと二人で話してたんです。(アニメ本編の)エンディングで踊っているプレシャスたちをリスペクトして踊りました」と出来栄えに胸を張っている。

■内田雄馬&宮田俊哉(Kis-My-Ft2)コメント

──お2人でエンディング主題歌のダンスを踊られていかがでしたか?

宮田「雄馬君と一緒にダンスを踊るのは初めてだったので、すごくうれしかったです! もともとアニメが好きで、雄馬君が出演しているアニメ作品をたくさん観てきました。その雄馬君がアフレコブースで踊っているという衝撃(笑)!そしてそこに自分が一緒にいることが信じられませんでした。これまでプライベートでの付き合いはあったんですけど、今回こうして一緒の作品に出演できていることも光栄です」

内田「僕の人生の中で、宮田君と一緒に踊ることを想定していなかったので感動しました! そもそも声優さんでもアフレコブースで踊った人はあまりいないと思うんですが(笑)、こうしてジャニーズの方と2人で踊る機会を持てたことが衝撃で、楽しかったです」

── ダンスの収録を終えて、ご自身での満足度は。

宮田「めちゃくちゃかわいいと思いますよ。日本一かわいいアラサーコンビなので(笑)」

内田「プリキュアの気持ちになって踊ろうと2人で話してたんです。(アニメ本編の)エンディングで踊っているプレシャスたちをリスペクトして踊りました」

──ダンス中、ウィンクをされていましたね。

宮田「僕が演じている『みつき』というキャラクターが最初にアニメに登場した時、『よろしくね』と言いながらウィンクをしているんです。それでダンス中にもウィンクをしたら、『みつき』の感じが出るかなと思ってやってみました」

──これから声優として『デリシャスパーティ◆プリキュア』番組本編の中で共演する機会が楽しみですね。

宮田「もう早くやってみたいです。内田雄馬と芝居できるって、全声優の憧れですから(笑)」

内田「とんでもない、とんでもないです。でも僕も非常に楽しみにしています」

──今回、宮田さんが『デリシャスパーティ◆プリキュア』に出演されるにあたり、内田さんから何かアドバイスはあったのでしょうか。

内田「いやいやいやいや、そんなのないですよ(笑)。プリキュアは作品の中に、プリキュアって何のためにいるのかとか、プリキュアが進むべき道みたいなものがハッキリ示されています。なので台本をいただいた僕らは、自分のキャラクターの動きをしっかり読み込んでいったら、自然とどんな演技をすればいいかがわかってきます。ですから僕から宮田君に何かアドバイスするようなことはないです(笑)」

──最後に『デリシャスパーティ◆プリキュア』をご覧になっている視聴者の方へメッセージをお願いします。

宮田「僕はもしかしたらプリキュアを見ているお子さんの親世代かも知れないんです。なので、お父さんお母さんも全然踊れるぞ!ってことを伝えたいですね(笑)」

内田「ほんとにそうですね。僕らが踊っている映像を見て、エンディングで家族仲良く踊ってほしいです!!」

宮田「このダンスを通して、僕も雄馬君とさらに仲良くなった気がします!」

内田「宮田君と何かするっていうのは、すごく楽しいんです。宮田君はやっぱり笑顔の人なので、僕も笑顔をもらっている感じです」