フジテレビ系“月9”『元彼の遺言状』(毎週月曜 後9:00)の第9話が、6日に放送される。

【画像】果たして事件の真相は…『元彼の遺言状』第9話カット

 原作は、宝島社主催の2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う破格の遺産相続ミステリー作品。ドラマでは、弁護士の麗子が数々の難解ミステリーを解決するという異色の痛快推理劇として、原作の世界観はそのままにドラマオリジナルのエピソードも描いていく。

 6年前、実業家の小笠原仁美が主催したリストランテ「プロメッサ」のパーティーで事件は起きた。小笠原が包丁で背中を刺され死亡。凶器の包丁と中身を抜き取られた小笠原の財布には、篠田(大泉洋)の指紋が残っていたという。篠田が小笠原から金を借りていたことや、殴りかからん勢いで口論していたことなどの目撃証言もあり、事件後に姿をくらました篠田に容疑がかかったのだ。

 当時、篠田はミステリー作家になることを夢見ながら料理人として働いていた。ある日、知り合いから「プロメッサ」でパーティーがあるから手伝ってくれないかと誘われ助っ人として参加。その後、パーティーの準備で徹夜明けだった篠田は疲労から店の外で眠ってしまい、目を覚ましたら小笠原が死んでいたという。真相解明に奔走する麗子(綾瀬)たちを前に、さらなる犠牲者が出る。