いまから69年前、即位の翌年1953年6月2日に戴冠式を行った英国のエリザベス女王。その記念すべき日とプラチナジュビリーに合わせ、“初”の長編ドキュメンタリー映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』(6月17日公開)の冒頭映像が解禁となった。

【動画】エリザベス女王のドキュメンタリー映画、冒頭映像

 1952年、父ジョージ6世(映画『英国王のスピーチ』で知られる)の崩御を受け、25歳の若さで即位し、今年在位70周年を迎えたエリザベス女王。英王室史上、最長の在位期間を誇り、さらに世界の王室の中で最高齢96歳の現役国家元首という驚くべき記録とともに、いよいよ英国君主として史上初めての“プラチナジュビリー”が、現地時間6月2日から4日間にわたりイギリス各地で盛大に行われる。

 先日5月15日には、トム・クルーズなどが出演し、1000人ものパフォーマーと500頭もの馬が登場した「Platinum Jubilee Celebration: A Gallop Through History」のショーを楽しむ姿も見られた。

 そして、現地時間6月2日、エリザベス女王の公式誕生日を祝うパレード「トゥルーピング・ザ・カラー」を挙行。今なお凛として笑顔を絶やさない女王に世界中が注目している。

 日本でまもなく公開される長編ドキュメンタリー映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』は、エリザベス女王の類まれなる人生と旅路を、女王への深い愛と畏敬の念をもって、詩的に時にポップに描いた、最高にオシャレな映画。監督は、『ノッティングヒルの恋人』(1999年)などで知られるロジャー・ミッシェル。昨年9月急逝したロジャー・ミッシェル監督が新型コロナウィルスによって次回作の撮影機会が奪われてしまった時、「ドキュメンタリー作品を作ろう」とアイデアの一番手に挙げたのが女王陛下だった。そんな監督が描き出すのは、誰も見たことのない“素顔の女王陛下”の魅力。

 解禁となった冒頭映像では、「『エリザベス』間もなく開幕です。第一幕の出演者は舞台へ」という言葉とともに、照明、音響、衣装、その他、開幕の準備が始まる。その様子とクロスするように、宮殿では豪華な椅子やテーブルを丁寧に動かし、晩餐会の準備をする場面へ。

 そんな中、エリザベス女王が「暖炉に火も灯したわ。くつろげるように」と自ら気を配り、「準備は?」と周りに確認する意外な様子も。そして、多くの招待客が待ち受ける中、扉が開き、エリザベス女王とフィリップ王配が登場。「あなたを楽しませたい」という歌詞が印象的なロビー・ウィリアムズの代表曲「Let Me Entertain You」に乗せて、ピンクやイエローのドレスに身を包み、笑顔で手を振るエリザベス女王が続く。

 「90年以上にもおよぶアーカイブ映像を使って、タイムマシーンのように何十年もの歩みを行き来する」とロジャー・ミッシェル監督が語る、まさにエリザベス劇場の始まりを告げる華やかな冒頭映像となっている。