人気グループ・NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキが出演する、6月3、10日放送のTBS系バラエティー『NEWSの全力!! メイキング』(毎週金曜 深0:50)に、お笑いコンビ・ロッチの中岡創一が初登場する。中岡の持ち込み企画となる今回は、キャンプに憧れているという中岡の希望でキャンプやバーベキューでも活躍しそうなオフロード仕様に軽トラをカスタマイズする。作業する場所もいつものガレージではなく、本格的な加工場でメイキングしていく。

【写真】土の中から現れた“ゾンビ”中岡創一

 中岡は、自前のカブをカスタマイズするなど、プライベートでもカスタムを楽しむDIY経験者。カスタムしたカブで、京都から東京まで約2日間かけて運転したこともあるという。しかし、今回カスタムするのは、カブよりも大きく構造が難しそうな軽トラック。NEWSの二人も4月に番組でスーパーカブをカスタムしたばかりだが、今回は軽トラをカスタムすると知ると、「いよいよ車やるの!?」(小山)「無理だよ! レベルが違う!」(加藤)と、少々ビビり気味。

 そんな2人だったが、カスタムされたオフロードカーを見ると、あまりのかっこよさに興味津々。中岡もほしくなったら買い取れると聞き「良いのをつくろう!」と気合十分。久しぶりの超大掛かりなメイキングに緊張気味の小山と加藤だが、果たして、どんなカスタムカーが完成するのか。

 イメージを話し合い、方向性を決めた3人は、カスタムに使用するパーツを選びに加工場からカー用品店へ移動。中岡の希望である“大好きな黄色”が入った「ガツン! ガツン! とした感じ」のカスタマイズになるよう、パーツを選んでいく。中でも、3人が「絶対につけたい!」と口をそろえて言っていたのが、“サイドオーニング”という、キャンプの際などに便利なタープ。日よけ、雨よけはもちろん、ルームテントを付けるとサイドが囲われ部屋のような形になる超便利アイテムだ。

 3人はサイドオーニングの取り付けに挑むが、今回カスタムする軽トラに付けるには、キャリアという外枠を付けなくてはならない。そして、このキャリアと車をつなぎとめるためのプレートの取り付けが想像以上に難しく、中岡は「また(ネジを)戻さなあかんやつやん!」といい、小山も「これ伝わるの…?」と大苦戦。パーツを固定するためのネジ締めでは3人とも大絶叫する。ようやく完成した“中岡モデル”のカスタム軽トラの仕上がりに、中岡も大満足…のはずが最後に欠点発覚(!?)。中岡が叫んだそのワケとは。

 また、作業の合間に展開する「全力!トーキング」では、中岡が憧れの先輩・出川哲朗との思い出のエピソードを語る。プライベートでも一緒に海外に行くなど、先輩後輩でありながらも、親友であり同志のような関係性の2人。そ出会いのきっかけや、いつも2人で話していることなど、あまり表で話すことのない裏話も明かされる。中岡いわく“熱い男”出川が、中岡にドッキリを仕掛けられた際にかけた感動の言葉とは。