俳優のムロツヨシ、岸井ゆきのが共演する、吉田恵輔監督オリジナル最新作『神は見返りを求める』(6月24日公開)より、2人の関係をかき乱す“癖強キャラ”たちを写した場面写真が解禁となった。

【動画】映画『神は見返りを求める』予告編

 吉田監督が最新作に選んだ題材はYouTuber。加速する時代で、“YouTuber”という職業を通して、今という時代を象徴的かつポップに描く一方、“欲”や“本音と建て前”、“嫉妬”といった人が誰しも持つ醜さや葛藤をも鮮烈に描く。

 本作の主人公・イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)は、合コンでYouTuber・ゆりちゃんこと川合優里(岸井)に出会う。田母神は、再生回数に悩む彼女を不憫に思い、まるで「神」かの様に見返りを求めず、ゆりちゃんのYouTubeチャンネルを手伝うようになる。二人は、人気がでないながらも、力を合わせて前向きに頑張り、お互い良きパートナーになっていくが…あることをきっかけに、二人の関係が豹変する。

 解禁となったのは、ゆりちゃんと田母神を囲む胡散臭い業界人、田母神の同僚・梅川(若葉竜也)、人気YouTuberのチョレイ(吉村界人)&カビゴン(淡梨)、さらにイケメンデザイナーの村上(柳俊太郎)の登場シーン。

 梅川は、相手に合わせ都合良く他の人の噂話や陰口を言いふらし、いつもその場を適当にやり過ごすタチの悪い自惚れ悪口スピーカー男。そして、底辺YouTuberのゆりちゃんがバズるきっかけとなった人気カリスマYouTuberチョレイとガビゴンは、動画ネタになりそうだと思えば、いつでもどこでもカメラを回しちゃうヤバさ。さらに、田母神のセンスをバカにしながら鼻で笑う嫌味なイケメンデザイナーの村上は、クリエイターっぷりを炸裂し、ゆりチャンネルの撮影を仕切り、タメ口で乱暴に田母神をこき使う。

 恩を仇で返された田母神と豹変したゆりちゃんの歪んだ関係性をさらに掻き乱していく、“こんな奴いるよな”感満載の癖強キャラクターたちに血を通わせる俳優たちの好演に注目だ。

※吉田恵輔監督の「吉」は「士」の部分が「土」、柳俊太郎の「柳」は「木」偏に「夘」