歌手の倖田來未が13日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 後11:00~)に出演し、代名詞の「エロカッコイイ」という言葉が生まれるまでの経緯や、尊敬するアーティスト・Charaとの関係などを語った。放送に入り切らなかったシーンも含めて紹介する。

【写真】『MUSIC BLOOD』でトーク&熱唱する倖田來未

 2000年にデビューした倖田は、露出の多いファッションやセクシーなダンスで「エロカッコイイ」が代名詞となり、ヒット曲を連発。2005・06年には2年連続でアルバムがダブルミリオンを達成した。

 過去のライブ映像を振り返り、MCの田中圭が「こうして改めて見ると、すごいエロカッコイイですね」と語ると、倖田は「ありがとうございます」と照れながら「最近はSNSの写真やテレビ、作品を見た方がライブに来てくれたときに、生で見たときとのギャップを感じてほしくないという思いから、体形維持には気をつけています。ふだんはジムに通ったり、本格的な運動はしていなくて、テレビを見ながらストレッチをする程度ですが、夕食の時間はだけは決めていて、18時以降はなるべく摂らないようにしています。こうするだけで太りにくい体質になりました」とスタイル維持の秘訣を明かした。

 同じ事務所の先輩・浜崎あゆみとの仲に話題がおよぶと、不仲説を笑い飛ばし「よく言われるんですけど、すごい仲良くさせていただいていますよ! ライバルだとかすごく仲が悪そうに言われますが、ライバルなんて恐れ多いですよ。大先輩ですから」と恐縮。「ふだんからお互いに子どもの話とかしますし、私がSNSでアップした写真について『あの服はどこのブランド?』って聞かれたり。次に出す曲の話とか、音楽の話とか、いろんなお話をさせていただいています」とプライベートでも交流があることを打ち明けた。

 そんな倖田の“BLOOD”アーティストはCharaだという。「Charaさんの曲を初めて聴いたときに『私が恋をしているときの気持ちを代弁してくれてる!』って衝撃を受けました。オーディションのときはいつも、Charaさんの曲を歌わせていただいていましたし、デビュー当時はいつかCharaさんみたいになりたいと思っていました。でもしばらくは名前すら知ってもらえず、どうしたら世間に知ってもらえるか考えたときに、Charaさんのように“オンリーワン”のアーティストになればいいと思ったんです」と語った。

 Charaとはデビュー後まもなく会うことができたといい、そこで音楽に対する考え方も変わったそうで「あるときライブに行かせていただいたのですが、歌を心で歌っていると言うか、とにかく”アーティスト感”がすごくて。『私の声は楽器だから』っておっしゃっていましたが、ライブでのあの空気はCharaさんにしか作れないものでした。しかも毎年スケールアップしていますから、本当に尊敬しています」と憧れを口にした。

 Charaのようなオンリーワンの歌手を目指していた頃を振り返り、「『Crazy 4 U』という曲に出会ったのですが、その際に手応えを感じたんです。当時、自分にしかできないことをいろいろと考えたら、セクシー系のファッションをしている人がいないことに気づき、そこから”エロカッコイイ”を意識するようになりました。曲自体それほど売れませんでしたが、この曲を機に自分の方向性がはっきりと定まった気がしたんです。実はこの曲のMVが庵野秀明監督の目に留まり、映画『キューティーハニー』の主題歌を歌わせていただくことになりました」と告白した。

 近年は新たな悩みを抱えているという。「喉はずっと我流でケアしてきたせいか、2015年くらいから思うように声が出なくなったんです。それからボイストレーニングに通い始めたのですが、今まで使っていなかった筋肉を使うものだから一時期、声帯を上手にコントロールすることができなくなっちゃって」と、歌手生命の危機に涙する映像も流れた。

 それでも最近は喉の状態も安定してきたといい、「これまでは1日1ステージだったのが、コロナ禍の影響から人数制限がかかって1ステージだけでは興行として成立しないので1日2ステージやらせていただくことになったんです。そのおかげで喉や体力も2ステージがデフォルトになって、そういった意味ではアーティストとして今が一番状態がいいですね」と語った。

 倖田がBLOOD SONGとして選んだのは、Charaがボーカルを務めたYEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」。「オーディションのたびに歌わせていただいた思い出の曲です。今日は大事に歌わせていただきます」と気合を入れた。もう1曲は、自身の楽曲「100のコドク達へ」を選び、「孤独で切ない楽曲で、とにかく歌詞に注目してほしいです。あと今までやったことがない”語り口調”が曲に入っているので、そこもチェックしていただければと思います。私の新境地です」と伝え、心を込めて歌い上げた。