ともさかりえ、金子ノブアキ、徳永ゆうきら所属のイトーカンパニーグループと、昨年初なる俳優&モデルオーディションを実施したワーナーミュージックアーティスツによる初の合同オーディションが行われ、福岡出身の高校3年生・平原光舞理さん(ひらはら・ひまり/17)がグランプリに輝いた。

【写真】審査員特別賞を受賞…現役JD・木原彩奈さん

 応募総数600人のオーディションに挑んだ平原さんは「魅力的な人たちがそろっていて、私は大丈夫かなと不安に思っていた」と心境を明かしながらも、グランプリ決定の知らせを受けると「自分の精一杯のアピールができて達成感もあったし、合格を知ったときはすごいびっくりして、涙も忘れて笑顔になれました」と笑顔で振り返った。

 グランプリの平原さんは、イトーカンパニーグループとの専属契約のほか、ワーナーミュージックアーティスツが制作する「SNSドラマ」への出演権を獲得した。

 今後の芸能活動については「演技に関しては舞台も映像もミュージカルも、いろんなジャンルに挑戦したいですし、アクションや歌やダンス、いろんなことに関わっていきたい。バラエティーも大好きなので、そういう番組にも出てみたい」と気合十分。

 憧れの俳優を問われると「二宮和也さん」と即答し「演技がすごい魅力的でどの役をやってもフィットする。ダンスやヴォーカルにもすごくて、ふざけるときは全力でふざける。自分の理想像です」とリスペクトのまなざしを向けていた。

 そのほか、審査員特別賞を福島出身の大学3年生・木原彩奈さん(きはら・あやな/20)が受賞した。