人気グループ・NEWSの小山慶一郎、加藤シゲアキが出演する、20日、27日放送のTBS系バラエティー『NEWSの全力!! メイキング』(毎週金曜 深0:50)では、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次がゲストとして初登場。大人もハマる、世界に1つだけのオリジナルLEGOをメイキングする。今回はLEGOを使って秋山の「クリエイターズ・ファイル」に掲載されているクリエイターのモザイクアートを制作する。

【写真】「渋くてカッコいい」中尾明慶が披露した50年前のアメ車『プリムス・バラクーダ』

 「クリエイターズ・ファイル」は、大人から子どもまで幅広い世代から注目を浴びている大人気シリーズ。現在は92人もの個性あふれるクリエイターが掲載されており、今年の3月にはクリエイターズ・ファイル・ストア「FASHION is ROCK」を期間限定で開催。このなかから、あるクリエイターの顔をLEGOのモザイクアートに起用する。

 設計は、日本で初めて「LEGO 部」を開設した東京大学LEGO部に依頼。LEGO部の創設者・三井さんもかけつけ、全員で1つのモザイクアートを作っていく。三井さんはLEGO部を創設しただけでなく、世界に21人しかいないLEGOが認めたプロビルダーで、日本人では唯一の存在。そんな三井さん直伝のLEGOで使える簡単テクニックとは。

 モザイクアート作りを始める前に、まずはLEGOの楽しさを知ってもらおうと三井さんが用意したのは、アヒルを作れる6つのパーツ。作り方の説明はなく、用意されたパーツで各々が思うようにアヒルを作っていくが、完成したアヒルを見せ合うと、全員バラバラ。なんと、この用意された6つのパーツだけでも、作れるアヒルのパターンは9億通りもあるという。今回制作する縦横96センチの作品に使用するパーツの数は、驚異の1万個以上。一体どんなモザイクアートが完成するのか。

 さらにモザイクアート以外にも、LEGOでおなじみの“ミニフィギュア”もメイキング。顔、髪型、服装、持ち物など、さまざまなパーツを組み合わせることでオリジナルの人形を作ることができるミニフィギュア。3人は、自分に似せた人形や「クリエイターズ・ファイル」の人物に似せた人形を、パーツを組み合わせてメイキング。どんな“ミニフィギュア”が誕生するのか。

 また、作業の合間に展開する「全力!トーキング」では「キャラはどんな風に考えている?」など「クリエイターズ・ファイル」のキャラクターたちについて秋山が語る。秋山がキャラを作る際にしている、あることとは。